特集

2022春デビューのモバイルバッテリー8選! お手ごろモデルから多機能モデルまで

コロナ禍や世界的な半導体不足の影響が続く2022年ですが、各メーカーは時代の先端を行く製品を精力的に発表しています。新しいモノを手にしたときのワクワク感は、いつだって私たちに活力を与えてくれます。少し立ち止まって、じっくり欲しいものを選んでみませんか。

この春に登場した新製品を振り返ってみましょう。スマートフォンやノートPCの予備電源として用意しておきたいモバイルバッテリー。プラスαの機能を備えた多彩な製品が登場しました。

2022春の新製品

  1. カメラ編
  2. レンズ編
  3. 中華・韓国系レンズ編
  4. カメラバッグ編
  5. モバイルバッテリー編

防水・耐衝撃でアウトドアギアっぽさ満点「エレコム NESTOUT」シリーズ

NESTOUT

エレコムがクラウドファンディングを経て一般販売をスタートした、防水・防塵・耐衝撃モバイルバッテリーと専用アクセサリーのシリーズ「NESTOUT」。モバイルバッテリーは容量5000mAh / 8000mAh / 12000mAhの3種類で、アウトドアシーンにマッチするデザインやカラーが揃っています。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/397805/

ケーブルいらずでスマホとの重ね持ちもスッキリ「エレコム DE-C36-5000」

DE-C36-5000シリーズ

マグネットでiPhoneの背面に貼り付けてワイヤレス充電ができる、MagSafe対応モデル。USB Type-Cケーブルでの充電も可能です。容量は5000mAh。背面スタンドも、動画視聴などに重宝します。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/402492/

緊急時用に備えておきたい電池式「オウルテック OWL-DB8U1-WH」

OWL-DB8U1-WH

単3形アルカリ乾電池4本または8本で充電できる、乾電池式モバイルバッテリー。参考価格1,980円 (税込) とお手ごろなので、非常用持ち出し袋に電池やケーブルとともに入れておくのもおすすめです。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/401956/

10000mAhで3台同時充電対応のお手ごろモデル「バッファロー BSMPB10030C3」

BSMPB10030C3

容量10000mAhで、USB Type-Cを1ポートとUSB Type-Aを2ポート搭載し、3台の同時充電も可能。参考価格は4,580円 (税込) と、コンパクトでリーズナブルなモデルです。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/398414/

持ち歩きに便利なスティック型「バッファロー BSMPB5010C2」

BSMPB5010C2

長さ約11cmのコンパクトなスティック型で、容量5000mAh。USB Type-CポートとUSB Type-Aポートを搭載し、2台同時充電も可能です。参考価格は3,380円 (税込) と、こちらもリーズナブル。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/398409/

カードより小さい10000mAhの「ZENDURE SuperMini」に新色追加

SuperMini

カードよりも小さいサイズで、容量10000mAh。USB PD対応のUSB Type-CポートとUSB Type-Aポートを搭載し、2台同時充電も可能です。ホワイトが追加されて全6色展開になりました。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/398310/

ノートPCにも充電OK! 大容量20000mAhの「MOTTERU MOT-MB20001」ラテグレージュ

MOT-MB20001

20000mAhの大容量モデルに新色のラテグレージュが登場。USB Type-Cポートは最大60W USB PD対応で、ノートPCにも充電できます。USB Type-Aポートも搭載し、2台同時充電も可能です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/399387/

モバイルバッテリーとミニ扇風機が合体「GeeFanz X2」

GeeFanz X2

ミニ扇風機と3000mAhモバイルバッテリーが合体。扇風機を使わないときはスマートフォンなどの充電ができます。折りたたんでコンパクトにできるのもうれしいポイントです。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/400580/

 

※原材料価格の上昇や為替相場の変動などにより、製品の価格が記事公開時から変更になっている場合があります。

 

〈文〉佐藤陽子