特集

【2021ベストバイ】品薄の情報を聞いて購入を決意したミラーレス「FUJIFILM X-E4」で撮影の楽しさ実感

2021年は少しずつ良い方へ変化の兆しが見え始めた1年でした。2022年は久しぶりに楽しい写真ライフを過ごせることを願って、プロ写真家やカメラライターに「2021年に買ってよかったモノ」を一斉調査しました。さあ、どんなアイテムが出てくるかお楽しみに!

プロが買って良かったモノ教えます! 2021ベストバイ特集

藤井智弘さんの2021ベストバイ「FUJIFULM X-E4」「フジノンレンズ XF35mm F2 R WR」

【2021ベストバイ】藤井智弘さん
「X-E4」と「XF35mm F2 R WR」とMマウントアダプターを購入。パンケーキの27mmだけでなく、35mmもよく似合う。Mマウントアダプターには、2020ベストバイで紹介した「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」を装着。「X-E4」では60mm相当になって、これはこれで使いやすい。

“きっかけ”がめぐってきて、気になっていたカメラをついに手に入れた

実写レビューで何度もお借りした富士フイルムのXシリーズ。しかし、なぜか購入したことがなかった。決して気に入らなかったわけではない。コンパクトなシステムと、高い画質は素晴らしい。フィルムシミュレーションも非常に魅力だった。とはいえ、新しいシステムを手にするには、何かきっかけがないと、なかなか購入まで至らない。この「手にするきっかけ」がないまま時間だけが過ぎていた。

2021年になり登場してきたのが「X-E4」。使う機会があったので試してみると、自分にフィットする感覚があった。APS-Cサイズとしては小型軽量のボディとシンプルなデザイン。操作性も自分好みだ。返却するとき名残惜しかったほど。その後も富士フイルムの方と会うたびに「X-E4いいですね」と話していたら、ついに富士フイルムから「X-E4はただいま品薄で約3か月待ちになるので、まずはご注文してはいかがですか? 入荷後に再度検討しても構いませんよ」と連絡が来た。「それなら」と注文。ついにきっかけを掴んだ。

シンプルな操作で撮影の楽しさを実感

注文から3か月近く経った夏過ぎ、晴れて富士フイルムユーザーになった。購入したのは「X-E4」と「XF35mm F2 R WR」「Mマウントアダプター」だ。レンズはパンケーキの「XF27mm F2.8 R WR」の方が一体感はあるが、自分にはAFの動きが好みではなく、35mmを選択した。またライカMマウントのレンズを多く持っているので、Mマウントアダプターが純正で存在するのもありがたい。

あらためて「X-E4」を手にして、撮影している感覚が楽しいのを実感した。背面もデジタルカメラには一般的な十字ボタンをあえて排除しながら、Qメニューとタッチパネルで素早く設定できる。シンプルですぐ馴染むことができた。

「クラシッククローム」でフィルムのような仕上がりを楽しむ

フィルムシミュレーションは、いくつか試して、カラーは「クラシッククローム」、モノクロは「ACROS」をベースに決めた。「クラシッククローム」は渋い色調で、あえて露出アンダーにすると重い雰囲気になるのが気に入っている。「ACROS」は明るくてもISO1600。高感度ノイズが粒子の形に近く、フィルムで撮影しているかのような仕上がりになる。どちらもパラメーターで自分好みに設定し、カスタム登録ですぐ呼び出せるようにしている。また、レンズも「X-E4」とバランスが良く、描写力もAF速度も不満なし。とても使いやすい。

富士フイルムの「X-E4」は、これから作品撮影に欠かせないカメラになることは間違いない。自分でもどんな世界が開けていくのか、とても楽しみだ。

実写作例

フィルムシミュレーションを「クラシッククローム」に設定し、露出アンダーで撮影。重厚感のある仕上がりになった。曇りだがWBは天候に関わらず晴れに固定。これまで国内の作品はモノクロが多かったが、カラーの作品も増えそうだ。

【2021ベストバイ】藤井智弘さん
富士フイルム X-E4 XF35mm F2 R WR 絞りF5.6 1/500秒 ISO400 WB : 晴れ