特集

ちょっとそこまで…から大容量まで、2021冬のカメラバッグ10選

2021年もそろそろ終わり。いろいろ制約もあった1年でしたが、どんな状況でも柔軟に楽しめる“写真”という文化の素晴らしさを再認識できたのではないでしょうか。この秋冬も、各メーカーの英知を結集した新製品がカメラ業界を鮮やかに彩りました。

カメラバッグ編では、この秋から冬に発売された新製品をピックアップして紹介します。普段使いできるデザインが主流になってきました。

2021秋冬の新製品

  1. カメラ編
  2. レンズ編
  3. 中華・韓国系レンズ編
  4. カメラバッグ編

大きなフロントポケットがポイント「INDUSTRIA AS-CSb」

INDUSTRIA AS-CSb

HANGUI PROJECTが、INDUSTRIAの小型メッセンジャーバッグ「AS-CSb」を発売しました。「RICOH GR」シリーズなどのコンパクトカメラやスマートフォンが入る大きなフロントポケットがデザインのポイント。リサイクルナイロン製で軽量なうえ、撥水性も備えています。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/385345/

カメラマン監修のリュックに新色登場「Endurance カメラバッグ ExtII」

Endurance カメラバッグ ExtII

ビーハーフの「Endurance カメラバッグ ExtII」には、新色のベージュとブラック迷彩が仲間入りしました。カメラマンの中原一雄さん監修による、超望遠ズームが入るほどの大容量ロールトップリュック。カラバリにもこだわりが感じられます。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/388441/

シンプルイズベストなカジュアルデザイン「LUCE ショルダーバッグL」

LUCE ショルダーバッグL

ケンコー・トキナーが、「LUCE ショルダーバッグL」を2021年10月22日に発売しました。ベーシックなデザインでポケットも必要最小限。普段使いとの兼用にも便利です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/381895/

リュックからショルダーバッグへ一瞬でチェンジ「SIGOSOTO BACKPACK SQUARE」

SIGOSOTO BACKPACK SQUARE

サードウェーブが、「SIGOSOTO BACKPACK SQUARE」の販売プロジェクトを2022年1月12日まで実施しています。上下2段構造で、下段のインナーケースを引き出してサイドからも出し入れ可能。リュックからショルダーバッグに一瞬でチェンジするワザあり構造です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/388645/

“こんなのあったらいいな”をカタチにした「scenery camera backpack」

scenery camera backpack

bird and insectが、sceneryの「camera backpack」販売プロジェクトを2022年1月11日まで実施しています。プロが考える「こんなカメラバッグあったらいいな」をカタチにした工夫がたっぷり。フロントの大きなポケットは、デザイン性と機能性を兼ね備えています。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/385831/

サイドオープンとリアオープンから選べる「VANGUARD VEO ADAPTOR」

VEO ADAPTOR R44

ガードフォースジャパンが、VANGUARDのバックパック「VEO ADAPTOR R44 / R48 / S41 / S46」を2021年11月5日に発売。リアオープン式とサイドオープン式、それぞれ2サイズ2カラーが用意されています。いずれもカメラと複数のレンズ、多彩なアクセサリーを収納できる大容量です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/382656/

トートにもリュックにもなる“二刀流”「Manfrotto Street コンバーチブル トートバッグ」

Street コンバーチブル トートバッグ

ヴァイテックイメージングが、マンフロットの「Street コンバーチブル トートバッグ」を2021年11月24日に発売しました。トートとしてもリュックとしても使える“二刀流”のバッグで、トップと背面下部から出し入れできます。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/381556/

ウエストバッグとスリングバッグの2WAY「Manfrotto Street ウエストバッグ」

Street ウエストバッグ

同じくマンフロットStreetシリーズのウエストバッグも、2021年11月24日発売。ミラーレスカメラやコンパクトカメラの収納にちょうどいいサイズ感。スリングバッグとしても使えます。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/381559/

フラップを閉じたまま出し入れOK「Manfrotto Advanced メッセンジャー M III

Advanced メッセンジャー M III

ヴァイテックイメージングが、マンフロットのメッセンジャーバッグを2021年11月24日に発売しました。トップにファスナーが設けられているので、フラップを閉じたままでも出し入れできます。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/382693/

サッと取り出して速写「Manfrotto Advanced ホルスター L III」

マンフロットAdvancedホルスター

同じくマンフロットAdvancedシリーズから、カメラにレンズを装着したまま収納できるカメラホルスターが発売されました。ショルダーバッグとしてもウエストバッグとしても使用できます。カメラとレンズの大きさに合わせて選べる3サイズをラインナップ。トップから素早く取り出して、すぐに撮影できます。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/382695/

 

〈文〉佐藤陽子