特集

2021冬の新カメラ10選! 各メーカー渾身の主力モデルが続々登場

2021年もそろそろ終わり。いろいろ制約もあった1年でしたが、どんな状況でも柔軟に楽しめる“写真”という文化の素晴らしさを再認識できたのではないでしょうか。この秋冬も、各メーカーの英知を結集した新製品がカメラ業界を鮮やかに彩りました。

カメラ編では、この秋から冬に登場した新モデルを振り返ります。各メーカー渾身のハイエンドモデルが登場したり、これまでにないコンセプトのカメラが登場したりと、時代が一歩前進したことを実感できました。

2021秋冬の新製品

  1. カメラ編
  2. レンズ編
  3. 中華・韓国系レンズ編
  4. カメラバッグ編

キャッチフレーズは“無双” 最上級のフルサイズミラーレス「キヤノン EOS R3」

EOS R3 + RF24-70mm F2.8 L IS USM

2021年11月27日に発売されたキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」。視線入力AFやブラックアウトフリー連写など、高機能満載のプロ・ハイアマチュア向けモデルとして2021年4月の開発発表時から話題沸騰でしたが、満を持して登場しました。


▼詳しくはこちら

https://capa.getnavi.jp/news/378902/

置いておくだけでイイ写真が撮れる時代が来た「キヤノン PowerShot PICK」

キヤノン PowerShot PICK

クラウドファンディングで支援額1億円突破の最速記録をたたき出したことでも話題になった、キヤノンの自動撮影カメラ「PowerShot PICK」。ついに2021年11月27日に一般発売されました。カメラが自動で写真を撮る時代は、もはや現実。「撮影者の写真が1枚もない問題」も、過去のものになりました。使い方次第で、まだまだ可能性が広がりそうです。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/385129/

フラッグシップ譲りの高性能ベーシックモデル「ソニー α7 IV」

α7 IV

海外で先行して発表されていたソニー「α7 IV」は、2021年12月17日に国内発売となりました。フルサイズミラーレスのベーシックモデル α7シリーズも、第4世代目に突入。画素数アップ、フラッグシップモデルと同じ最新の画像処理エンジン、AFや動画性能もアップ…と、進化が止まりません。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/387435/

ニコン史上最高のフラッグシップミラーレス「ニコン Z 9」

Z 9

2021年3月に開発発表されたニコンZシリーズ初のフラッグシップモデルとなるフルサイズミラーレスカメラ「Z 9」。2021年12月24日に、ついに発売となりました。ニコン史上最高を謳う機能と性能はもちろん、縦横4軸チルト液晶モニター搭載、メカシャッター非搭載など、思い切ったスペックも話題です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/383292/

プロの映像制作ニーズに応えるボックス型フルサイズミラーレス「LUMIX BS1H」

LUMIX BS1H

パナソニック「LUMIX BS1H」は、動画撮影に特化したボックス型フルサイズミラーレスカメラ。2021年12月16日から受注販売が行われています。「LUMIX S1H」の動画性能を継承。拡張性にも優れ、プロの映像制作ニーズに対応します。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/381164/

ラージフォーマットミラーレスの機動力がアップ「FUJIFILM GFX50S II」

GFX50S II

富士フイルムのラージフォーマットミラーレス「GFX50S II」は、2021年9月29日に登場。「GFX100S」と同デザインのボディに、フルサイズの約1.7倍となる約5140万画素のラージフォーマットセンサーを搭載しています。最大6.5段の手ブレ補正機構を搭載し、フルサイズ機と同等の機動力を実現しました。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/377879/

小さなボディにフラッグシップの性能を搭載「FUJIFILM X-T30 II」

FUJIFILM X-T30 II

富士フイルムXシリーズのAPS-Cミラーレスカメラ「X-T30 II」は、2021年11月25日発売。従来モデル「X-T30」の小型軽量ボディはそのままに、フラッグシップモデル「X-T4」の機能を一部追加してバージョンアップしました。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/377853/

見た目はクラシカル、機能はイマドキな“チェキ”「FUJIFILM instax mini Evo」

instax mini Evo

2021年12月3日発売のインスタントカメラ「instax mini Evo」。富士フイルム“チェキ”シリーズの最上位モデルです。レンジファインダーカメラ? と思うほどのクラシックなデザインで、操作もアナログ感満載。なのに中身は高画質、豊富なエフェクト選択、リモート撮影などなど、最新機能が詰まっています。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/385796/

最強スナップシューターの新たなる挑戦「RICOH GR IIIx」

RICOH GR IIIx

リコーイメージングは、コンパクトデジタルカメラ「RICOH GR IIIx」を2021年10月1日に発売しました。GRといえば28mmというイメージがありましたが、「GR IIIx」は35mm判換算で40mm相当の標準レンズを搭載。新たな視野を手に入れた最強スナップシューターで、今後どんな作品が生み出されていくか楽しみです。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/378357/

ペンダント? いいえ、アクションカメラです「DJI Action 2」

DJI Action 2

超小型のアクションカメラ「DJI Action 2」。カメラユニット、フロントタッチ画面モジュール、電源モジュールを組み合わて多彩な使い方ができます。アクセサリー類はマグネット着脱式。この小ささでありながら、最大180分の動画撮影が可能です。

▼詳しくはこちら
https://capa.getnavi.jp/news/383681/

 

〈文〉佐藤陽子