特集

【今さら聞けないカメラ・写真用語】「RAW」って何?

デジタル写真に欠かせないのが専門用語。用語の意味を知ることで、デジタル写真の楽しさが広がるハズ。デジタル写真の画質にまつわる用語を解説しよう。

RAW【ろー】

一眼レフやミラーレスカメラ、高級タイプのコンパクトカメラで選択可能なファイル形式のひとつ。JPEGよりもファイルサイズが大きく、汎用性も低いが、画像処理耐性が高いのが強み。撮像センサーからの生出力に近い非圧縮RAW、画質劣化はあるもののファイルサイズを抑えた圧縮RAW、画質劣化がない(または少ない)ロスレス圧縮RAWがある。カメラによっては複数のタイプから選択できる。

 

「RAW」って何?
▲「キヤノン EOS 5D Mark IV」の記録画質設定画面。