特集

【保存版】北海道のおすすめ「紅葉」撮影スポット8選――10月上旬のこれからが見頃!

秋といえば紅葉! 場所によってさまざまな表情を見せる紅葉は、鑑賞だけでなく撮影スポットとしても非常に人気です。ということで今回は、北海道のおすすめ紅葉スポットを撮影地マップからピックアップしました。

 

①紅葉の木々と「白ひげの滝」(北海道・道北)

白ひげの滝(落差30メートル)。紅葉は例年10月上旬~10月中旬に見ごろとなります。岩から水がしみ出し、幅広で幾筋にも流れる優美な姿をしています。コバルトブルーの美瑛川に対し、ナナカマドの赤やダケカンバの黄色がよく映えます。白金温泉バス停から数分のところにあり、ブルーリバー橋から間近に滝を見られるアクセスのよさも魅力。近くには青い湖面に枯れ木立が立ち並ぶ青い池もあります。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/shirahigenotaki_kouyou/

 

②紅葉する岩山を流れ落ちる「羽衣の滝」(北海道・道北)

日本の滝百選にも選ばれる羽衣の滝。落差は270メートルで紅葉は例年10月上旬~10月中旬に見ごろとなります。七段になって流れ落ちる姿が格好いい!岩肌を紅葉の木々が彩り、優美さと力強さが同居しています。また、天人峡温泉の手前には七福岩があり、青空を背景にして柱状節理の岩壁を撮影できます。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/hagoromonotaki_kouyou/

 

③札幌近郊の絶景紅葉スポット「豊平峡」(北海道・道央)

紅葉は例年10月上旬~10月中旬に見ごろ。ダムから見下ろす景色がキレイですが、全体を撮るよりも部分的な切り取りが中心になるポイント。麓の駐車場からダムまではハイブリッドバスで行きますが、途中の景色もキレイなので片道は歩くことをおすすめします。近くの定山渓の紅葉もキレイなので、あわせて訪れてみてください。紅葉の時期は周辺の道路が渋滞するので、時間に余裕を持って行動しましょう。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/sapporohoheikiyou/

 

④「オンネトー」から見る阿寒の山々と紅葉(北海道・道東)

季節や時間帯によって水面の色が変わるので、五色沼と呼ばれることもある「オンネトー」。紅葉の見ごろは9月下旬から10月中旬。雌阿寒岳と阿寒富士との美しい景色を見せてくれる場所です。湖畔を一周できる遊歩道があるので、のんびり歩きながら紅葉のベスト撮影ポイントを探してみましょう。天候に合わせて臨機応変に構図を組み立てるのが撮影のポイントです。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/akannkokouyou/

 

⑤「十勝岳温泉」から見る紅葉の絶景(北海道・道北)

十勝岳温泉は北海道一高所にある温泉郷。紅葉は例年9月中旬~9月下旬に見ごろで、ダケカンバの黄色とナナカマドの鮮烈な赤が目を見張ります。標高1300メートルほどですが、植生は本州の2300メートル級の高山のものに近いです。十勝岳温泉凌雲閣の目の前、山々が衝立のように迫ってくる大パノラマが魅力です。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/tokatidakekouyou/

 

⑥橋と紅葉のコラボが美しい「三国峠松見大橋」(北海道・道東)

北海道上川町と士幌町を結ぶ国道273号の三国峠。標高1000メートル以上あり、早くから紅葉が見られます。例年の見ごろは9月下旬~10月上旬。この付近は風の通り道なので、風がとても冷たく撮影の際には1枚上着を羽織っていくことをオススメします。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/mikunitouge-matsumioohashi/

 

⑦色とりどりの紅葉と阿寒川が撮影できる「滝見橋」(北海道・道東)

阿寒湖畔から国道240号を4kmほど釧路方面に進むと見える滝見橋。紅葉の見ごろは9月下旬~10月上旬です。モミジやカエデなど赤や黄色の色とりどりの紅葉と勢いよく流れる阿寒川が撮影できるビュースポットです。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/takimibashi/

 

⑧旧国鉄士幌線 第五音更川橋梁(北海道・道東)

国道273号線の滝の沢橋から見える旧国鉄士幌線の第五音更川橋梁。紅葉は例年9月下旬~10月上旬が見ごろです。音更川にかかるこの橋は全長109メートルと大規模。10月に入ると落葉しアーチ部分がよく見える上、奥の山々は紅葉に染まるのでとても美しいです。スローシャッターで川の流れをアクセントに置いてみるのもおすすめ。

撮影地の詳しい情報はこちら→ https://capa.getnavi.jp/guide/5th-otofukegawa-kyoryo/

 

【関連記事】

紅葉の撮影テクニックはこちら↓

【紅葉撮影の超キホンまとめ】設定が魅力的な表現のカギになる!