特集

【カメラ用語事典】ステッピングモーター

ステッピングモーター(Stepping Motor)とは、パルス電力に同期して動作するモーターのこと。パルス信号を用いてモーターの回転位置を細かく制御できるため、AFを正確に連続作動させながら撮影する必要のある動画撮影などに最適だ。起動・停止のレスポンスがよく、静かでスムーズに動作するのが特徴。もちろん、静止画でも素早く正確なAFが期待できる。なお、キヤノンやニコンなどはステッピングモーターを採用しているレンズ名に、「STM」と表記されている。

 

ステッピングモーターを採用する キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM。シンプルかつ静音性に優れ、作動や停止をレスポンスよく行うことができる。下は同レンズの透視図。