特集

異次元の「速さ」と「タフ性能」に驚愕! ソニーの次世代メモリーカード&SSDに大注目!

「データが読み出せなくなるトラブルにはもう、うんざり」「過酷な環境でも安心して使えるものが欲しい」――そんな声に応えて開発されたSDカード「ソニー SF-G シリーズ タフ仕様」は、昨年の発売以来、メモリーカードに信頼性を求めるユーザーから人気を博している。

<ソニーのTOUGHシリーズはここから始まった>

ソニーSF-G シリーズタフ仕様
参考価格(税別)/128GB 39,880 円(税別)、64GB 19,880 円(税別)、32GB 13,880 円(税別)

一体成型による強靱なボディと最速クラスのスピードを両立したSDカードが昨年秋に登場。曲げ強度180N(ニュートン、SD規格の18倍)、耐衝撃性5メートル落下、水深5メートル72時間の防水性、IP6Xの防塵性という驚異的なTOUGH性能を実現。ソニーのTOUGHシリーズはここから始まった。

 

そんな「TOUGHシリーズ」に関して、ソニーは今回新たに次世代メモリーカード「CFexpress」を開発。さらにCP+2019では参考出品として持ち運びに便利な「ポータブルSSD」の展示も行った。本稿では、圧倒的なタフ性能と高速性能で大きな注目を集める両製品ついて詳しく見ていこう。

 

TOUGH&SPEED! 次世代カードは強い! 速い!

次世代メモリーカード「CFexpress TypeB」がソニーより開発発表された。

インターフェースにPCIE Gen3を2レーン使用し、理論値で最大2GB/sのデータ転送を実現する。XQDカードと同形状のTypeBと呼ばれるモデルで、ニコンZシリーズやルミックスSシリーズなどは、ファームアップによる対応をアナウンスしている。

 

<Topic①>最新フルサイズミラーレスがCFexpressカードに対応!

ニコンZ7/Z6およびルミックスS1R/S1がファームアップによりCFexpressカードに今後対応する。さらにニコンはXQDカードモデルのD5、D850、D500にも順次対応していく予定。今後はハイエンドクラスのデジタル一眼にCFexpressカード対応モデルが増えていきそうだ。

 

<Topic②>驚きのデータ転送速度

デジタル一眼用の記録メディアとして最速を誇るCFast 2.0カードと比べて、ソニーのCFexpressカードは3倍以上の高速性能により、高画素モデルの高速連写や4K/8K動画撮影にも好適。パソコンへのデータ取り込みも瞬時にできそうだ。

 

写真撮影だけではなく、高速連写や4K動画撮影など、1つ1つのデータが大容量化していく中で、パソコンなどへのバックアップを考えると1700MB/sという超高速読み出しはワークフローを改善してくれることになるだろう。

 

SDより大きいXQDサイズのCFexpressとはいえ、やはりメモリーカードへのデータ保存になると、破損の心配はつきまとう。ソニーがSDで実現した潜在的なニーズとしてのTOUGH性能が、CFexpressにも搭載されれば心強い――。

 

そんな期待どおり、ソニーのCFexpressカードはスピード性能に加え、タフ性能も追求。CFexpressカードの試験規格をはるかにしのぐ堅牢性を目指し、高硬度樹脂による一体成型ボディのSDカードとして好評を得ている「SF-Gシリーズ タフ仕様」とともにTOUGHをアピールする予定。

<Topic③>堅牢性に優れたTOUGHボディ

CFexpressカード規格の5倍の耐衝撃性と、3倍の曲げ強度、加えて耐X線、耐温度、耐磁気、UVガードなどがあれば、信頼性が非常に高い。

 

2019年夏に128GBモデルの商品化を予定しており、今後256GB、512GBの大容量モデルの商品開発も検討している。また、その真価を引き出すべく、ソニーのCFexpressカードに最適化した新カードリーダー(USB 3.1 Gen2対応)の開発も進められているそうだ(なお、新カードリーダーはソニー製XQDカードにも対応するとのこと)。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示