特集

ニコンZにソニーEマウントレンズを付けられるアダプターが極薄だった!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【焦点工房】ニコンZシリーズのカメラにソニーEマウントレンズを装着できるマウントアダプター「TECHART TZE-01」

【CP+2019】焦点工房

焦点工房のブースでは、「TECHART TZE-01」の試作品を展示していた。「TECHART TZE-01」は、ソニーEマウントレンズをニコンZシリーズのミラーレスカメラに取り付けるために開発されたマウントアダプターで、電子接点を備えたことで、オートフォーカス撮影が可能となっている。
 

 
【CP+2019】焦点工房

金色をした試作品だが、これは未塗装の状態のため。このままでは腐食してしまうので、製品版は銀色に塗装されるのだという。

 

 
【CP+2019】焦点工房

非常に薄く見える「TECHART TZE-01」は、ソニーEマウントのフランジバックが18mm、ニコンZマウントのフランジバックが16mmであることから、この2mmの差を利用したものと言えそうだ。
 

 
【CP+2019】焦点工房

「TECHART TZE-01」は、焦点工房のマウントアダプター「TEACART LM-EA7」「TECHART TCS-04」と組み合わせて使用することで、ライカMレンズ、キヤノンEFレンズもニコンZでのAF撮影が可能となる。発売は2019年6月の予定。ニコンZに対応するレンズが増えるのは、多くのユーザーの期待するところ。発売が待ち遠しいアイテムの一つだ。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠