特集

赤と黒のビジュアルインパクト、IND2。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ハクバ】ブラックとレッドのインパクトのあるコントラストが印象的な「IND2」に新製品が続々登場

【CP+2019】ハクバIND2

カメラバッグデザイナーでありプロカメラマンでもある半杭誠一郎さんとハクバのコラボ製品「IND2(インダツー)」は、真紅のインナーが印象的なブラックのカメラバッグシリーズ。ショルダーバッグやインナーボックスなど新製品が展示されていた。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

「カメラショルダーバッグ P100 / P200」は、開口部にダブルジッパーを採用し、片手で大きく開くことができる。メイン素材は耐摩擦性に優れた1680Dナイロンを使用、底面にはゴムボートにも使われる高機能素材ターポリン、ジッパーは止水ジッパーを採用するなど、撮影機材をしっかり保護してくれるバッグだ。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

「カメラショルダーバッグ M100 / M200」は、ミラーレスカメラに最適化した薄型モデル。基本的な性能は「カメラショルダーバッグPシリーズ」と同等。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

「インナーソフトボックスAシリーズ」は、底面に硬質ボードを内蔵したインナーボックス。前面と背面にポケット、また、バッグから取り出しやすいように四方に持ち手ハンドルが設けられている。A100 / A200 / A300の3サイズをラインナップする。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

上部とサイドに開口部を設け、縦にしても横にしても使えるというユニークなインナーボックス。こちらは発売時期未定だが、さまざまな使い方ができそうだ。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

「IND2」シリーズにもトートバッグが新登場。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

特徴はハンドル部分が伸縮して、歩行時のショックを吸収して負担を軽減してくれるバンジー構造になっていること。発売が待ち遠しいアイテムだ。

 

 
【CP+2019】ハクバIND2

ゴムを内蔵してベルトが伸縮する構造になっている「バンジーストラップ」には、オレンジと赤の新色が発表された。赤色は今春発売予定。オレンジは未定とのこと。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠