特集

見た目スッキリ、収納タップリ!ノートPCだって入るんだ。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【バンガード】ミラーレスカメラの収納に特化したコンパクトな「VEO GO」

【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

ショルダーとバックパックの5アイテムで構成されるバンガードの新ラインナップ「VEO GO(ヴィオゴー)」は、ミラーレスカメラやコンパクトカメラの収納に特化しながらも、そのフォルムからは想像できないほどの収容力を備えているのが特徴のカメラバッグ。ポリエステル素材で、カラーはブラックとカーキグリーンの2色をラインナップする。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

ショルダー「VEO GO 34M」は、下部に三脚「VEO 2 GO」の収納が可能なポケットを装備する(HAB/HCBを除く)。バッグの下に収納できるため、三脚がじゃまにならないだけでなく、三脚を傷つける心配もない。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

フラップはファスナーで開閉するタイプで、手前から開く安心構造を採用する。「VEO GO 15M / 24M」は内寸で幅160mm、「VEO GO 34M」は230mmと薄型になっているのがわかる。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

上部に開口部を備えており、フラップを開けずに内部の荷物を出し入れできる。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

バックパックの「VEO GO 42M」(左)と「VEO GO 46M」(右)。凹凸の少ないフラットなデザインとなっている。型番のMはミラーレス対応のバッグを意味する。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

背面はクッション性の高い背当てとなっていて、キャリーバッグのハンドルに通せるスリーブを装備する。バックパックでスリーブがあるタイプは少ないのでこれは嬉しい。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO GOカメラバッグ

開口部は背当て部分が大きく開く構造になっているため、機材の出し入れは楽だ。上部からのアクセスも可能で、インナーボックスは取り外すこともできる。背当て裏にはノートパソコン用のポケットを備えるなど、収納力も十分なバックパックだ。

 

 
〈文・写真〉柴田 誠