特集

スマホに一眼レンズ付けちゃいました感満載のAndroidカメラがやってきた

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ヤンヌオ】キヤノンEFマウントを装備したAndroidカメラを発見!

【CP+2019】ヤンヌオ

アジア圏のメーカーが並ぶエリアにあるYONGNUO(ヤンヌオ)ブース。手ごろな価格の互換レンズや照明器具などで知られているメーカーだが、なんだか見慣れないものが…。気になったので、さっそく話を聞いてみた。

 

 
【CP+2019】ヤンヌオ

ふと目に留まったのが参考出品のこちら「YN450」。まるでスマホに一眼カメラ用レンズが付いたような不思議な外観だ。

 

 
【CP+2019】ヤンヌオ

見せてもらうと、カメラ部のOSにはAndroid(アンドロイド)が使われていて、見た目や操作感はほぼスマホ。しかしメーカー担当者によると「電話はできないのでスマホではありません」とのこと。

 

 
【CP+2019】ヤンヌオ

マウントはキヤノンEF(EF-S)マウント、撮像素子はマイクロフォーサーズサイズの1600万画素センサーが使われている。また、背面液晶側にも800万画素の固定カメラが付いていて、自撮りにも対応。液晶画面は当然タッチパネルでスマホのカメラのようにも操作できるが、半押しにも対応したシャッターボタンも備える。2019年内には発売にこぎつけたいとのこと。

 

 
【CP+2019】ヤンヌオ

YONGNUOといえばAFにも対応した互換レンズでも知られている。こちらは新キヤノンEFマウント対応の製品「YONGNUO YN35mm F1.4」。

 

 
【CP+2019】ヤンヌオ

こちらは照明用のバトン。照明用のLEDのほかにフルカラーのLEDを備えており、さまざまな色の光を出すことができる。
 

 
〈文・写真〉青柳敏史