特集

このメッセンジャーバッグ、フラップを開けなくても出し入れできるのだ!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ハクバ】「GW-PRO RED」シリーズに機能的で便利な新製品が盛りだくさん

【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

操作性と耐久性にこだわったハクバのハイエンドカメラバッグシリーズ「GW-PRO RED」に多くの新製品が登場した。

 

 
【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

「GW-PRO RED メッセンジャー マルチアクセス L / M」は、特に注目を集めていたカメラバッグの一つ。さりげないモノトーンのカモフラージュ柄がいい感じだ。

 

 
【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

背面は「GW-PRO RED バックパック マルチモード」「GW-PRO RED バックパック リアゲート」などにも採用されている、ムレを防ぐエアベンチレーションシステム(立体メッシュパッド構造)となっている。キャリーバッグに装着するためのベルトもデザイン性が高い。

 

 
【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

フラップを開けずに上部のファスナーから内部へアクセス可能で、大口径レンズの取り出しにも便利なように、大きく開くことができる。

 

 
【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

「GW-PRO RED ダレスショルダー」は、ミラーレスカメラに対応したガマ口タイプのカメラポーチ。「GW-PRO RED メッセンジャー マルチアクセス」と同じく迷彩柄を配したデザインで、小型のミラーレスカメラなら標準レンズ付きボディと交換レンズ1本の収納が可能。持ち運びに便利なハンドルと、腰などに装着できるベルトループを装備し、ショルダーベルトが付属する。

 

 
【CP+2019】ハクバ GW-PRO RED

ショルダーバッグとしてもインナーバッグとしても使うことのできる「GW-PRO RED マルチショルダー」もユニークなアイテムだ。そのままショルダーバッグとして持ち出せるほか、ショルダーベルトを外してインナーバッグとして使うこともできる。L / M / Sの3サイズが用意されている。

 

 
〈文・写真〉柴田 誠