特集

旅のお供の三脚をまたまた進化させました

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【バンガード】センターポールが2段で伸びるトラベル三脚「VEO 2 GO」

バンガードのトラベル三脚「VEO 2 GO(ヴィオ ツー ゴー)」は、この春登場のニューラインナップ。従来モデルの「VEO 2」は、センターポールを回転させて収納する構造だったが、「VEO 2 GO」は脚が反転するタイプになった。さらに軽量・コンパクトなのはもちろんだが、それだけで終わらないのがバンガードの製品だ。

 

シリーズ最大の特徴は2段式のセンターポール。センターポールを2段にすることで、全体の縮長を短くしながら、充分な高さを確保している。最大サイズの「VEO 2 GO 265H」は縮長405mmで、最伸高は1640mmとなる。また、センターポール下部にはフックが設けられていて、バッグなどをウエイトとして引っ掛けることで安定性を確保することができる。

 

 

上位モデルの「VEO 2 GO 265H」は、三脚の1本の脚が取り外し可能となっている。さらに、そこに雲台を取り外して装着すれば一脚に早変わりする仕様。一脚と三脚を両方使うような撮影でも「VEO 2 GO」があれば大丈夫。それぞれを用意する必要がないため、総合的には持ち運ぶ機材を減らせるというわけだ。脚のロックはナット式を採用する。

 

 

「VEO 2 GO」は4サイズ8モデル。それぞれのサイズにカーボンモデルとアルミモデルをラインナップ。4段タイプの「VEO 2 GO 204」はセンターポール1段式、それ以外の6モデルは5段タイプでセンターポールが2段となっている。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠