特集

安心のファスナー付き!北欧テイストのトートバッグ

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ハクバ】スカンジナヴィアの森のトナカイをイメージして生まれた新ブランド「Chululu」

ハクバから、この春に新しく誕生した新ブランド「Chululu(チュルル)」は、スカンジナヴィアの森の奥深く、そのとき、その瞬間を美しく生きるトナカイをイメージしている。カメラバッグからフォトフレーム、アルバムなどのアイテムを幅広くラインナップして、撮影した画像をプリントして飾る・残すまで、あらゆるシーンのニーズに応えていくとのこと。

 

「Chululuカメラトート」は、カメラバッグとは思えないようなデザインのトートバッグ。エントリークラスのカメラと交換レンズ2本、タブレットPC、財布などの身の回りの小物を収納可能なサイズだ。上部はファスナーで閉じることができる。

 

 

「Chululuカメラケース」は落ち着いた色使いのシンプルなカメラケース。フラップはマグネット式になっていて引っ掛かりがないので、そのままバッグの中に入れてもスムーズに取り出すことができる。MとSの2サイズをラインナップし、いずれも細身のショルダーストラップが付属する。

 

 

カジュアルなデザインの「Chululu HOLIDAY インナーポーチ」は、ほどよいクッション性を備えたインナーポーチ。ミラーレスカメラはもちろん、カメラアクセサリーやケーブル類などの収納にオススメ。

 

 

Chululuブランドは、ポケットアルバムやフォトフレームなどフォトライフ全般をカバーしてラインナップを増やしていく計画。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠