特集

新ブランドのLUXXeと申します。中までオシャレなんです。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ハクバ】コンセプトは「洗練と冒険」。個性派バッグの新ブランド「LUXXe」

【CP+2019】ハクバLUXXe

「LUXXe(ラグゼ)」は、ハクバのカメラバッグの新ブランド。ファッション性と機能性を兼ね備えているのが特徴で、カメラを持って出かけるときのスパイスになるような個性派バッグぞろいだ。REVERSIBLE(リバーシブル)、POLYGON(ポリゴン)、FORCE(フォース)の3つのカテゴリーで構成されている。

 

 
【CP+2019】ハクバLUXXe

REVERSIBLE(リバーシブル)は、その名の通り裏返しても使えるバッグ。表地にはシンプルなウォッシュナイロン生地を用い、裏地はデザイン性の高い迷彩柄の生地となっている。その日の気分やオンとオフで使い分けることができるバッグだ。トートバッグとショルダーバッグの各1サイズで、カラーはオリーブとグレーの2色をラインナップする。

 

 

「リバーシブル トートバッグ」のインナーボックスは、裏地と同様のカモフラージュ柄となっている。中までオシャレしているバッグなのだ。機材を入れたインナーボックスを取り出せば、そのまま普段使いのトートバッグとして利用することができる。

 

 

「リバーシブル ショルダーバッグ」は、ショルダーストラップの取り外しが可能。裏返すとカモフラージュ柄になる。ハンドルがあるのは表側だけ。

 

 

POLYGON(ポリゴン)は、落ち着いた色合いのバックパックとメッセンジャーバッグをラインナップ。いずれも標準レンズ付き小型カメラと交換レンズ1本、12インチのノートパソコンの収納が可能なサイズとなっている。カラーはオリーブ、テラコッタ、グレーの3色を揃える。

 

 

「ポリゴン メッセンジャー」は、フラップを開けると正面にファスナー付きのポケットを2個備える。メイン収納部にはノートパソコン用のポケット、サイドにはペットボトルなどが入るポケットをそれぞれ備えている。

 

 
【CP+2019】ハクバLUXXe

シンプルながら素材や構造に機能性を備えたFORCE(フォース)は、バックパックとショルダーバッグをラインナップする。開口部が広く、出し入れをしやすい構造になっている。「フォース バックパック」は、バッグを下ろさずに内部アクセスできる取り出し口を正面下部に備える。インナーケースは取り出しが可能だ。カラーはオーソドックスなブラックとオリーブの2色となっている。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠