特集

ジメジメにサヨナラ!ミニトートっぽく持っても楽しいバッグインバッグ

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ハクバ】これ防湿ケースです。ソフト型の防湿ケース「ドライソフトボックス」が新登場

ハクバブースで見つけた「ドライソフトボックス」は、かなりユニークな新商品だ。一見するとダイビングショップで見かけるような防水ケースだが、カメラやレンズを収納するためのものだ。

 

 
【CP+2019】ハクバ ドライソフトボックス

防湿庫というと箱型のハードケースが一般的だったが、「ドライソフトボックス」は防水ケースの高い気密性を利用した防湿ケース。そのまま撮影に持っていくこともできるし、インナーバッグとしても利用できる。防水ケースだと中身が見えないが、「ドライソフトボックス」は透明な窓が付いているので中身を確認することができる。

 

 

中には底板とポケットを備えた中仕切りがあり、ポケットには除湿剤などを入れて使う。

 

 

開口部は大きいので、一眼レフカメラや大口径レンズでも問題なく収納できる。

 

 

上部を閉じてくるくると巻き込めば収納完了。

 

 
【CP+2019】ハクバ ドライソフトボックス

高い気密性が保たれるよう「ドライソフトボックス」の底部や窓の部分はしっかり圧着されている。

 

 
【CP+2019】ハクバ ドライソフトボックス

「ドライソフトボックス」はLサイズとMサイズ、それぞれブラックとオレンジの2色が用意されている。湿度の高くなるこれからの時期に、手に入れておきたいアイテムのひとつだ。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠