特集

雨でも水辺でも濡らさない、汚さない!ありそうでなかった新発想の脚カバーが便利

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【銀一】発想次第でいろいろ使えそう、ありそうでなかった三脚の脚カバー

OP/TECH社の「トライポッドスリーブ」は、今回の銀一イチ押しアイテムのひとつ。傘袋のような形状のビニール製の三脚のカバーで、移動用に3本の脚をまとめてカバーするのではなく、脚を1本づつ差し込んで、まさに撮影中の三脚をカバーするというもの。一見すると華奢なビニール袋だが、思いのほか丈夫な作りで、繰り返して使用することができる。

 

 

もともと、温泉地で撮影していたカメラマンからのリクエストで誕生した商品なのだそう。露天風呂と畳の部屋を行き来するのに脚を濡らしたくないということで商品化されたのだという。上部の白いビニールひもを縛れば、移動時に抜け落ちたりすることもない。

 

 

「トライポッドスリーブ」は1セット3枚入りで1,500円(税別)。泥池や海岸といった、メンテナンスに苦労しそうなアウトドアでの撮影に重宝しそうなアイテムだ。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠