特集

グーンと伸ばせば収納力アップ!スタイリッシュなロールトップリュック

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【バンガード】上部を巻き巻きするオシャレなロールトップデザインの「VEO FLEX」

この春新登場のラインナップ「VEO FLEX(ヴィオ フレックス)」は、バンガードブース来場者の関心がもっとも高いバッグなのだとか。発売は2019年5月くらいになりそうとのことだった。

 

「VEO FLEX」は、軽量のナイロン素材を採用し、上部をロールトップのデザインにすることで、軽やかさとスタイリッシュを演出したバッグになっている。ショルダーとバックパックを合わせて5アイテムをラインナップする。カラーはブルーとブラックの2色だ。

 

 

シリーズ最大容量のバックパック「VEO FLEX 47M」。女性にはちょっと大きすぎる感があるものの鮮やかなブルーが目を引く。シルバーの留め金やファスナーのタブもアクセントとして効いている。
 

 

ロール部分を収納してハンドルを持った状態。ミラーレスカメラユーザー向けにマチの狭いタイプとなっているので、重心が身体から離れ過ぎず、自然に腕を下ろした状態でバッグを持つことができる。

 

 
【CP+2019】バンガードVEO FLEX

ロール部分を伸ばすことで、容量を増やすことができる(右)。ロール部分を収納した状態(左)と比べると、容量は3割り増しくらいになりそうだ。オシャレ感は下がるので、使い方を考える必要はありそうだが、イザという時に収納力がアップするのはありがたい。

 

 

ロールトップの部分以外は基本的に「VEO SELECT」と同様で、サイドからのクイックアクセスが可能。インナーの取り外しもできる。右は「VEO FLEX 47M」、左はひと回り小さい「VEO FLEX 43M」だが、見た目ではサイズの違いがほとんどわからない。

 

 

上部の開閉はファスナーになっている。ロールトップの製品では、マジックテープやスナップ留めなど簡易なものも見かけるが、これならカメラを収納しても安心だ。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠