特集

フルオープンでサッと出し入れ!大型ポケットも嬉しい3WAYリュックがこの春新登場

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【バンガード】通勤にも旅行にも使える3ウェイタイプの「VEOセレクト」

ガードフォースジャパンでは、バンガードの中でもミドルクラスのカメラユーザー向けに展開しているVEO(ヴィオ)シリーズのラインナップの強化を図っている。

 

 

今春発売予定の「VEOセレクト」もそんな戦略の中の1アイテム。カメラバッグっぽさを感じさせないデザインが特徴で、さまざまな用途で使えるバッグだ。写真はショルダーバッグとして使っている状態。

 

 

バックパックとして使っている状態。ミラーレスカメラユーザーも意識していて、マチの広いタイプと狭いタイプが用意されている。写真はマチの狭いタイプの「VEOセレクト45M GR」

 

 

ハンドルを持てば、とてもカメラバッグには見えない。フロント部分はPUレザー、本体部分はポリエステルを採用する。

 

 

「VEOセレクト」は、バックパックの背中側がフルオープンするほか、上部からの取り出しも可能となっている。上部のインナーケースは取り外せるので、中仕切りを回転させてセットすれば、超望遠レンズの収納も可能だ。中仕切りの長さは縦にしても使えるように充分な長さがある。

 

 

サイドからのクイックアクセスも可能となっている。目的や用途に合わせてインナーを使い分けられる便利な構造だ。

 

 

フロントポケットはどちら側からでもアクセス可能な貫通タイプを採用する。

 

 

「VEOセレクト」には、マチ幅の広い「VEOセレクト41、49」と狭いタイプ「VEOセレクト45M」の3製品がラインナップされている。もっとも小さいタイプの「VEOセレクト35」はショルダータイプのみ。カラーはいずれもブラックとグリーンの2色が用意されている。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠