特集

ニコン Z 7 / Z 6 にソニーEマウントレンズが付けられる!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【コシナ】フルサイズミラーレスに対応したマウントアダプター、クローズフォーカスアダプター6種類を参考出品

コシナはフォクトレンダーVM、ZEISS ZMレンズに対応する6種類のマウント変換アダプターを参考出品した。

 

 

いずれも価格・発売日は未定。今回は参考出品ではあったが、フォクトレンダーEマウントレンズをニコンZマウントに装着するアダプター以外の5製品は、ブース奥のカウンターで、手にして操作感や質感を確かめることができた。

 

 

上段左から「フォクトレンダー NM-Zアダプター」「フォクトレンダー VM-RFアダプター」。それぞれニコンZマウントボディ、キヤノンRFマウントボディのカメラにフォクトレンダーVM、ZEISS ZMレンズを装着できるというもの。

下段はレンズ本体の最短撮影距離からさらに近づいて撮影することを可能にするクローズフォーカスアダプター。左はストローク5.5mmのヘリコイドを内蔵した「フォクトレンダーVM-Zクローズフォーカスアダプター」。中央はストローク3mmのヘリコイドを内蔵した「フォクトレンダーVM-RFクローズフォーカスアダプター」。右はストローク4mmのヘリコイドを内蔵した「フォクトレンダーVM-Xクローズフォーカスアダプター」。最短撮影距離からさらに一歩踏み込んだ撮影というのはどんな描写になるものなのか興味深い。クローズフォーカスアダプターは、その描写力と使い勝手を含めて手にしてみたいアイテムだ。

 

 

「フォクトレンダー VM-Zクローズフォーカスアダプター」と「フォクトレンダー VM-Xクローズフォーカスアダプター」はロック機構を備える。「フォクトレンダー VM-Xクローズフォーカスアダプター」は、赤いロックレバーを上げてアダプターを回転させるとヘリコイドが繰り出して最短撮影距離からさらに近づいて撮影することを可能にする。

 

 
【CP+2019】コシナ参考出品マウントアダプター

フォクトレンダーVM、ZEISS ZMレンズをニコンZマウントボディに装着するための「フォクトレンダー VM-Zアダプター」。

 

 

カメラに装着したときにマウント部分を覆って一体感が出るように、緩やかなカーブを描いた特徴のあるデザインを採用している。

 

 
【CP+2019】フォクトレンダー VM-RFアダプター

フォクトレンダーVM、ZEISS ZMレンズをキヤノンRFマウントボディ装着するための「フォクトレンダー VM-RFアダプター」。

 

 

一体感のあるデザインとなっているものの、直線的なボディラインとなっている。

 

 

フォクトレンダーEマウントレンズをニコンZマウントに装着する「フォクトレンダー E-Zアダプター」。EマウントとZマウントの薄いフランジバックの差を利用したマウントアダプターで、金属素材を高い工作精度で加工することにより、高精度で信頼性の高いアダプターを実現する。電子接点非搭載のため、ボディ通信はできない仕様となっている。実質的にニコンZマウントボディにソニーEマウントレンズの装着を可能にするマウントアダプターとなる。これまで不可能だった「ニコンのボディにソニーのレンズ」という組み合わせを実現するものだけに、その注目度は高い。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠