特集

マジックではありません。汚れがまったくつかないのです!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【マルミ】防汚コートされたレンズプロテクターがマーク2に進化

 

マルミ「EXUS(エグザス)」シリーズは、強力な撥水・防汚、帯電防止コーティングが施されたレンズフィルター。その効果を体感してもらうために、静電気を帯びた発泡ビーズまみれにしてもフィルターを傾けるだけで滑り落ちてしまうことを実演していた。万が一、フィルター表面に汚れがついても、レンズクロスでサッと拭くだけでキレイになると自信満々。

 

 
マルミの「EXUS レンズプロテクト」は Mark II に進化。防汚性能はそのままに、コーティングの改良でレンズ表面の反射率を従来の0.3%から0.2%に高め、透過する光のロスを極限まで抑えている。37mm径から95mm径までフルラインナップ。

 

 
もうひとつの注目すべき新製品が「CREATION Lens Protect」。フィルター枠とガラスの間にシーリングが施され、隙間から水が浸入するのを防ぐ防滴仕様となっている。また、外周にシリコンゴム製の緩衝枠が取り付けられ、レンズへの衝撃を抑えるほか、滑りにくいため脱着も容易になる。まずは77/82mm径の2タイプが発売された。

 

 
「CREATION Lens Protect」の防滴効果を体感できる実験コーナー。左は「CREATION Lens Protect」を水槽の底にセットしたもの。右は従来型のフィルター。従来型の水槽の下にあるシャーレには漏れてきた水が溜まっているが、左側のシャーレは水滴1つ落ちていない。水圧がかかっているのに漏れないとは、防滴というより防水に近いのでは?

 

 
ソフトフィルターもバリエーションが一気に5種類に。従来の「DHGソフトファンタジー」に加え、より効果を強めた「DHGソフトファンタジー II」(写真)、淡い効果の「DHGポートレートソフト」、オールドレンズのような描写が得られる「DHGレトロソフト」、強力な光の拡散効果のある「DHGフォギーソフト」が登場した。


 

 
〈文・写真〉小田切裕介