特集

クラウドファンディングで人気を集めた伝説的リュックの小型バージョンがデビュー!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【エツミ】宝探しの楽しさにあふれるエツミブース

エツミブースは、クラウドファンディングで伝説的な資金調達を果たしたShimoda(シモダ)の新型リュックをはじめ、EDWINブランドのカメラストラップ、コールマンのスリングバッグなど、見所がいっぱいだ。

【CP+2019】エツミ

 

 
「まあ見てくださいよ」とリュックを背負っているのは、CP+ではもうすっかりおなじみ、エツミの地頭所さん。得意げに背負っているのは「Simoda Explore(エクスプロール)30 バックパック」。従来のExplore 40とカメラ収納部分のサイズは同じだが、全高が低くなっていて、よりコンパクトになっている。

 

 
Exploreシリーズで特筆したいのはこの部分。リュックの背負う部分のストラップ長が、S-M-Lの3段階で簡単に変えられるようになっているため、小柄な人でも大柄な人でも体形に合わせて無理なく背負うことができる。

 

 
コールマンのショルダーバッグ。従来のものよりも容積が増えて使いやすくなっている。4色のバリエーションから選べる。

 

 
こちらはf.64ブランドのロールアップザック。上からだけでなくサイドアクセスもできるので、機材の出し入れもやりやすい。

 

 
「参考出品なんですが」と見せてくれたのは、なんとEDWINのタグが付いたカメラストラップとトートバッグ。実際に触ってみたが、ジーンズに使われているデニムよりもやわらかい生地を使っており、手触りもよく使いやすそうだ。

 

 
こちらはトゥルーリーフィールドザックシリーズの新製品「フィールドザックSLR」。パッキングしやすい四角いデザインとシンプルな外観が特徴的。「これくらいのサイズが使いやすいんだよな」と注目していたのはカメラマンの斎藤博貴さん。

 

 
〈文・写真〉青柳敏史