特集

こう見えてけっこう頑丈なんです。手のひらサイズの防塵・防滴ポータブルSSD

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【サンディスク】転送速度が最高1GB/秒にアップした堅牢なポータブルSSD

女性が手にしているのはポータブルSSD「エクストリームプロ ポータブルSSD」。スマートフォンよりはるかに小さく、重さはわずか79g ! 最大容量は2TBで大量の画像データもすっぽり収まってしまう。

 

 
ボディは防塵・防滴性能を備え、振動や衝撃にも強い。取っ手の部分にカラビナを付け、バッグやベルトからぶら下げて持ち歩いても中のデータはびくともしない。

 

 
接続端子はUSB Type-Cのみ。カバーやフタはないが防塵・防滴性能に影響はない。USB3.1 Gen2に対応する機器と接続すれば最大1GB/秒の転送速度を実現。64GBのメモリーカードいっぱいに保存した画像データも、1分ほどでコピーが終わることになる。

 

 
サンディスクブースでは、「エクストリームプロ ポータブルSSD」と一般的なポータブルHDDとの速度比較が行なわれていた。その差は歴然。リード&ライトが900MB/秒を超える様子に人々が興味深くのぞき込んでいた。

 

 
ステージでは「エクストリーム ポータブルSSD」を愛用する野鳥写真家・戸塚学さんが語る。「自宅のHDDが壊れたとき、このSSDに画像が残っていて救われた」。大容量のポータブルSSD、しかも1TBを超える大容量で転送速度が速いとなれば、撮影現場のバックアップとしてこれほど心強い存在はないだろう。


 

 
〈文・写真〉小田切裕介