特集

たっぷり収納してもスマートにキマる!この春おすすめのバックパック

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【マンフロット】GITZOのトラベラーバックパックはおしゃれな自転車乗りならマストアイテムだ!

マンフロットブース内のGITZO(ジッツオ)ブランドを展示するスペースでは、三脚や雲台の新製品はもちろんだが、今回まず最初に注目したいのはバックパック。「センチュリートラベラーバックパック」は、自転車旅をおしゃれにキメたい写真好きにピッタリのプレミア感あふれる機能的なカメラリュックだった。

 

 
「GITZO センチュリートラベラーバックパック」は、デジタル一眼レフ1台と交換レンズが2本、それにiPad Proが収まる収納性の高さが魅力。しかもバックパック側面からの収納アクセスが可能なので、背中からを降ろすことなく機材を取り出すこともできる。見た目もカメラリュックには見えず、背負って自転車を街乗りしてもスマートだ!

 

 
GITZOの定番三脚「トラベラー」のソニーαシリーズ専用キット「GK1454TA」(希望小売価格:税別155,000円)が新登場。マンフロット社とソニーが共同開発。ソニーαのボディに合わせた専用プレートが装備されている。

 

 
脚部はレバーをスライドさせるだけで簡単にコンパクトに折り畳める新たな設計。より快適に旅先でソニーαでの撮影を楽しむことができる。

 

 
GITZOでは初めて開発・発売されたミニ三脚「ミニトラベラー三脚」(希望小売価格:税別30,000円)。すでにブラックモデル(GKTBB)は発売されているが、今回のCP+2019ではノアール・デコールにカラーリングされたクラシック(GKTBC)モデルも展示。GITZOの伝統的なカラーリングは高級感があり、ミニ三脚ながら3kgの耐荷重性能を持つ旅先で便利なアイテムだ!

 

 
新製品の2ウェイフルード雲台「GHF2W」(希望小売価格:税別48,250円)も展示されていた。最大耐荷重4kgでありながら、なんと本体は590gと軽量。剛性も高く、アウトドアシーンで活躍してくれるに違いない。

 

 
〈文・写真〉水澤 敬