特集

最大読み書き1000MB/s!速さが桁違いのタフな防水ポータブルSSD

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ソニー】タフ仕様のSDメモリーカードとポータブルSSD 2種を参考展示

ソニーは、高い防塵・防滴性能を備えたタフ仕様のSDメモリーカード「SF-Gシリーズ」をブースで展示。そのすぐ隣には、2種類のタフ仕様のポータブルSSDを参考展示し、注目を集めていた。

【CP+2019】ソニーTOUGH仕様ポータブルSSD

タフ仕様のポータブルSSDハイパフォーマンス・モデル(左)とコンパクトスタンダード・モデル(右)。いずれも容量は500GB、1TB、2TBの3モデルをラインナップする。2機種の大きな違いは書き出しと読み出しの速度で、ハイパフォーマンス・モデルは高速な分、消費電力も大きい。ともに、水深1.0mで30分の耐水性を備えるなど、高いタフ性能を備えている。

【CP+2019】ソニーTOUGH仕様ポータブルSSD

タフ仕様のSDメモリーカード「SF-Gシリーズ」。32GB、64GB、128GBと3モデルをラインナップする。動画撮影などでの需要も高く、128GB、64GBの売れ行きが好調とのこと。左はUHS-II対応SDメモリーカードリーダー。

【CP+2019】ソニーTOUGH仕様ポータブルSSD

タフ仕様のポータブルSSD コンパクトスタンダード・モデルの最大読み出し速度は540MB/s、最大書き込み速度は520MB/s。ハイパフォーマンス・モデルの最大読み出し書き込み速度は1000MB/s。発売時期や価格は未定。参考出品であるため、仕様についても変更の可能性があるとのこと。

【CP+2019】ソニーTOUGH仕様ポータブルSSD

〈文・写真〉柴田 誠