特集

これからの季節にピッタリ!シャカシャカ音がしないウインドブレーカー

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【ニコン】隠れた人気グッズ満載のニコンダイレクトにも新製品ザクザク

ニコンダイレクトといえば、PORTERやMILLETとのコラボバッグやロゴ入り公式グッズなど、ニコンユーザーの心をくすぐるグッズを次々と発表しているニコン公式オンラインショップ。カメラやセミナーにばかり目が行きがちがなCP+だが、ニコンブースを訪れたなら、ニコンダイレクトのコーナーにもぜひ立ち寄りたい。

 

ブースの奥の方に小さく設けられているニコンダイレクトのコーナーには、この写真の中だけでも10個もの新製品があった。

 

 

新登場のニコン本革カードケース。カラーはブラック、キャメル、ブラウンの3色で、しっかりしたコシのある厚手の革製で、光沢感のある仕上げとなっている。

 

 

8枚のフィルターが収納可能なフィルターケース。77mmまでのフィルターが収納可能となっている。上部には目立たないながらもしっかりニコンのロゴが縫い付けられている。

 

 

フィルターケースを開いたところ。

 

 

布製のカメラストラップ4色が新登場。鮮やかな色使いでカジュアルなデザインは、タウンユース向きのカメラストラップだ。ちなみに、向かって左は人気の「Nikon×PORTERレザーオリジナルストラップ」。

 

 

「FLX スリングバッグ」「FLX ショルダーバッグ」「FLX トートバッグ」は、デザインをそのままにバッグに合わせてそれぞれ素材を一新。機能性を損なうことなく手触りや光沢感が違うものとなっている。いずれも価格や発売日は未定。

 

 

2019年1月に発売されたばかりの「ND ニコン ウインドブレーカー」。ポリエステル素材で、生地自体に補強を施したマイクロリップストップ織りを採用することで、防水ではないものの薄手で軽量ながら、撥水性・引き裂き強度といった耐久性に優れたものとなっている。脇にストレッチ素材を使用しているため動きやすく、シャカシャカとこすれる音も少ない。サイズはM・L・XLの3サイズがラインナップする。

 

 

モノトーンのカモフラ柄。袖にNikonロゴをあしらったさりげなさもいい感じだ。

 

 

後ろのNikonロゴはウインドブレーカーのフードを被ったときにだけ見えるようになる。

 

 
【CP+2019】ニコンダイレクト

ニコンダイレクトには、ニコンZシリーズ用のアクセサリーもラインナップされている。左から「Nikon Z シリーズ用ジャストフィットバッグインバッグ」「Nikon Z シリーズ用ニコンオリジナルイージーラッパー L」「Nikon Z シリーズ用カーブドレザーストラップ」「Nikon Z シリーズ用プレミアムショルダーバッグ」。
 

 
〈文・写真〉柴田 誠