特集

これがカメラ?個性的なコンセプトカメラ達にキヤノンのチャレンジ魂を見た

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【キヤノン】スマートフォンとの差別化とキヤノンのチャレンジスピリットが感じられるコンセプトモデルを参考展示

キヤノンブースの一角では、4種類のコンセプトモデルの展示と1つの参考出展が行われていて、プレスの注目を集めていた。コンセプトモデルという方向性を示したものではあるものの完成度は高く、すぐにでも製品化されるのではと思えるものもあった。

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

 

 
「アウトドア・アクティビティ・カメラ(ソトアソビカメラ)」は、カラビナ状のカメラ。防水性能と耐衝撃性能を備えたタフネス仕様となっており、カラビナの部分はファインダー枠を兼ねているというユニークな形状だ。表面のパネルは差し替えが可能で、ファッショナブルに楽しむこともできる。

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

 

 
「インテリジェント・コンパクトカメラ」は、左右360°、上下110°のパンとチルト機能を備えた自動撮影が可能のカメラ。撮り逃しを防止するための自動撮影を目的とした機種で、笑顔やピースサインを認識して自動撮影を行うほか、音声認識にも対応する。

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

 

 
「マルチファンクションカメラ」は、望遠レンズを手軽に楽しんでもらうというコンセプトのカメラ。100mmと400mmの望遠域をカバーするレンズを搭載し、スポーツや観劇などのシーンでの利用を想定している。望遠域というスマートフォンでは撮影の難しい焦点域をカバーするモデルということだが、レンズ部を取り外して、スマートフォンやタブレットをモニター代わりに使えるようにすることも検討しているという。仕様次第では、マルチな使い方ができるカメラになる可能性を秘めている。

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

 

 
「キッズ・ミッション・カメラ」は、子供にカメラに親しんでもらおうというのがコンセプト。背面の液晶モニターに色や形のミッションを表示することで、興味を持って撮ることを楽しんでもらおうということだ。想定年齢は10歳前後で、ゲーム感覚で撮影できる仕様となっている。スマホ専用のミニフォトプリンター「iNSPiC」との連動機能も備える。

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

【CP+2019】キヤノンコンセプトカメラ

 

 
参考出展の「自動視点映像生成システム」は、その場にいるような臨場感や没入感を体験できるようにするもので、複数台のカメラの映像を組み合わせて、3D空間データを作り出し、自由に視点を変えた映像を見ることができるというもの。スタジアムに備えられた何十台ものカメラによって作り出された映像を指一本で視点を変えられるというのは、まるでゲームを見ているかのよう。大画面で見たら、かなりの臨場感・没入感を楽しめそうだ。

【CP+2019】キヤノン自動視点映像生成システム

【CP+2019】キヤノン自動視点映像生成システム

【CP+2019】キヤノン自動視点映像生成システム
 

 
〈文・写真〉柴田 誠