特集

「RICOH GR III」が小型軽量化のためにしたことは?そういえばアレがなかった!

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」(2019年2月28日~3月3日/パシフィコ横浜)会場から写真でレポート! 注目の新製品や各社のイチオシ、取材スタッフが見つけた注目アイテムを紹介します。

 

【リコーイメージング】製品カタログはほぼ写真集! 4年ぶりのニューモデル「RICOH GR III」がデビュー

リコー、リコーイメージングは、2019年2月22日にコンパクトデジタルカメラGRシリーズの新モデル「RICOH GR III」を発表した。2019年3月下旬の発売を前に、CP+2019のリコーイメージングブースで実機デビュー。前モデルはスナップ写真家がこぞって購入するなど、写真マニア受けするカメラとして静かなブームを起こしたが、後継機の「GR III」も再ブームを起こしてくれるのだろうか。

 

 
CP+2019開催直前に飛び込んできた「GR III」発売のニュース。待望の新モデルを待っていたという人が多い人気のスナップカメラだ。

RICOH GR III

 

 
外観は前モデルを踏襲したスタイル。大胆にも内蔵ストロボを省略し、さらなるコンパクト化を図ったという。ブーススタッフによると「有効2424万画素APS-Cセンサーの搭載で、従来機より大幅に高感度画質が向上したので、内蔵ストロボは必要ないだろうという結論になりました。どうしてもストロボが欲しいという方は、ペンタックスのデジタル一眼レフ Kシリーズのクリップオンストロボが使えます」とのこと。

RICOH GR III

 

 
「GR III」はスタイリッシュなイメージを優先し、店頭で配布されるカタログはビジュアル色を強めた写真集ばりの体裁となっている。カメラの仕様や特徴の記載は基本スペックのみのにとどめられているため、QRコード入りのカードを合わせて配布。使い方や撮影テクニックの紹介などは、Webサイトで確認できるように工夫されている。

 

 
歴代GRシリーズを、フィルム時代から最新の「GR III」まで12モデル一挙展示。ノスタルジーに浸れる人も少なくないだろう。


 

 
〈文・写真〉水澤 敬