特集

広大なコスモス畑の撮影テクニックはズバリ!カメラポジション

コスモスの開花時期は、6月から11月と長く楽しめます。夏咲き、秋咲き、早咲きと、開花時期の違う3種類のコスモスがありますが、一般的なコスモスの開花時期は、9月から11月の秋。コスモスはきれいな形をしているのでアップで写したり、ピンク色のコスモス畑を広く捉えたりと、さまざまな狙い方が可能です。コスモスの花色は、ピンク、赤、白、黄色、チョコレート。様々な色彩をコスモス畑では一面で楽しませてくれます。かわいらしく乙女チックなコスモスの撮影方法や、雰囲気のある一枚が撮れるプロカメラマンのテクニックなどをご紹介いたします。

 

 

目次

前ボケ撮影のテクニックでコスモス畑の広がりや奥行きを表現しよう

コスモスの一輪撮影でのバランスのいい構図の取り方とは?

夕暮れ時は、秋らしい季節感のあるコスモスを撮影できる時間帯

 

 

前ボケ撮影のテクニックでコスモス畑の広がりや奥行きを表現しよう

広大なコスモス畑の撮影では、ただ撮影するだけでは、単調になりインパクトがないということがよくあります。どこをピントを合わせればいいのかわからない場合は、手前のコスモスに近づいて前ボケを利用し、奥のコスモスにピントを合わせて撮影すれば、コスモス畑の奥行きや、広さを表現できます。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/263927/

 

 

コスモスの一輪撮影でのバランスのいい構図の取り方とは?

基本的に花の向きを意識しながらフレーミングします。フレーミングでは、花をどの位置に置くかで、花のイメージが変わってきます。背景とのバランスなどで調整しながら撮影しましょう。また、夕日や青空などを背景にして撮影する場合は、大胆なフレーミングも効果的な描写が可能です。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/264026/

 

 

夕暮れ時は、秋らしい季節感のあるコスモスを撮影できる時間帯

コスモスを、秋らしく季節感を出す撮影するためには、「時間帯」を意識しよう。撮影の時間帯は、夕暮れ。太陽も低い位置にあるので、逆光を利用して、シルエット撮影も可能だ。また、ホワイトバランスを調節することでも秋らしいコスモスの撮影が可能になります。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/264041/

 

 

おすすめ撮影スポットは、東京都立川市にある昭和記念公園。ここは年中、いろんな花が咲き誇っている。春にはチューリップに桜、秋にはコスモスと、花の撮影には絶好のスポットです。また茨城県の「ひたち海浜公園のコスモスの丘」や、宮崎県の「生駒高原」などが、コスモスの群生地の名所です。