特集

もはやファンタジー!?工場夜景を幻想的に撮影するテクニックがある

ここ数年、撮影ツアーができるほど人気の工場夜景。時には幻想的に見えたり、時にはドラマチックに見えたり、見る人の心に訴えかける写真が撮れます。ですが、やはり、夜の撮影は、カメラ設定などが難しく、イメージした通りの撮影ができない場合もあります。ここでは、夜の暗闇に光る明かりや煙突、タンクなど、工場を形成する様々な機械類を、プロのカメラマンは、どんな方法でフォトジェニックに撮影しているのか、撮影テクニックやコツをご紹介いたしましょう。

 

 

目次

工場夜景を、近未来的に撮影するテクニックとは?

煙や水蒸気の動きを効果的に撮影するテクニック

機械類の輝きを強調して華やかに仕上げる露出設定は?

インパクトのある工場夜景を撮るにはアクセントが必要不可欠!

 

 

工場夜景の明かりが幻想的に輝きを放つ一枚を撮る方法

工場夜景は、夜の時間帯での撮影のため、どのようにカメラ設定をすればいいか悩みます。光り輝く灯りやライトを魅力的に撮影する方法は、三脚を使用してスローシャッターで撮影です。またフレーミングでは欲張らずに、輝いている部分だけをクローズアップして撮影すれば、幻想的な写真撮影ができるでしょう。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/254296/

 

煙や水蒸気の動きある脇役を効果的に撮影するテクニック

工場夜景での魅力は、脇役がたくさんあること!いろいろな脇役がある中で、最適な脇役を選ぶようにしましょう。煙、水蒸気、灯りや、水面があれば水面に反射する光など。どれに焦点を当てるかで、カメラの設定は変わってきます。動きのある煙や水蒸気などは、ISO感度や、シャッター速度を調節しましょう!

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/254317/

 

幻想的な工場夜景を撮影する方法は、明るさと色味の調整をすること


工場夜景を撮るときの明るさは、少し明るめの露出がおすすめです。トワイライトの夕焼けを効果的に見せたいときも、明るめの設定で撮影しましょう。HDR機能や、ホワイトバランスの調節をすることで、幻想的な一枚が撮れますよ。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/254386/

 

印象的な一枚を撮るには、テクニックやちょっとしたコツが必要です。

印象的な一枚にするには、何かしらインパクトを与える被写体を入れる必要があります。また、撮影のタイミングやフレーミングなどでも、近未来的な撮影が可能になります。たとえば、レンズについた水滴・・・これも撮影道具の一つになります。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/255125/

 

工場夜景は、一眼レフカメラを持っている人なら、だれもが撮りたい被写体。でも夜だし、カメラの設定も難しそうだし……と、躊躇されている方も多いはず。もしも工場夜景の素敵な場所を見つけたら、一度カメラを持って出かけてみましょう!