特集

真っ赤な夕焼け空を、幻想的な一枚にするプロの撮影テクニックとは!?

夏は写真を撮るのに最高の季節ですが、とにかく暑い!そこで狙いたいのが、夕方の写真。強い日差しが避けられ、夕焼けや斜光、逆光の写真が撮りやすくなります。
どのように太陽光を利用すればいいのか、フレーミングではどこを切り取ればいいのか、シャッター速度は遅くするの?など、夕焼けや夕日などの夕景撮影のポイントやテクニックを、様々な切り口でご紹介いたします。太陽が傾き、空が色づき始める夕日や夕焼けを、きれいだと感じたまま撮影したい!その気持ちにお応えしましょう。

 

 

目次

涼しい夕暮れ時を立体的に撮影するテクニックとは!?

真っ赤な夕焼け空を見たまんま撮りたい!色鮮やかに撮影する方法とは?

プロカメラマンが撮影したドラマチックな日常風景とは?

 
 

涼しい夕暮れ時を立体的に撮影するテクニックとは!?

夏の日中の太陽光は強烈なトップ光で、鮮やかな被写体を撮るのには最適ですが、平面的な写真になりがちです。それに対して夕方は、光の色、角度が刻々と変化し、影を活かした立体的な表現も可能になります。空のグラデーションを利用したシルエット撮影も可能ですから、趣のある一枚を撮るのに最適な時間帯です。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/258020/

 
 

真っ赤な夕焼け空を見たまんま撮りたい!色鮮やかに撮影するには?

夏は太平洋高気圧に覆われ、連日の晴天に恵まれる。日差しが強く、雲も沸きやすいので見事な夕焼けに出会うチャンスが多くなります。空一面の重たい雲が、時に、赤みの強い夕日に照らされ、幻想的な瞬間になることもあります。夕日が差し込んで、ドラマチックな海や、山、花畑などを撮影するにはどんな撮影テクニックが必要なのでしょうか。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/258023/

 
 

プロカメラマンが撮影したドラマチックな日常風景とは?

夕日や夕焼けは、何気ない日常を幻想的なものにしてくれます。海や山などの自然の夕焼けもきれいですが、街の中で出会う夕焼け空も、とてもきれいです。グラデーションの空と、高層ビルやシンボルタワーなどの都会の建物とのアンバランスさも、狙いたい瞬間です。シャッター速度やホワイトバランスなどのカメラの調節で、きれいなグラデーションの空と日常のスナップ写真を撮影してみましょう。

詳しくはこちら → https://capa.getnavi.jp/special/258047/

 
 

暑い夏だからこそ、撮りたい夕日がある。山や海、花畑、都会の風景や何気ない日常など、どんな被写体にも、夕日や夕焼けは、趣や、情緒をもたらしてくれます。太陽がさんさんと輝く暑い日中の撮影もステキですが、刻一刻と変化をもたらす夕暮れ時の撮影も、テクニック次第で、唯一無二の一枚が撮れるでしょう。