特集

雨の日が楽しくなる!梅雨の花“アジサイ”を素敵に撮ろう

アジサイは6~7月にかけて開花する梅雨の花で、原産国は日本です。小さな花が固まって形成された丸い形状が特徴なので、その形や梅雨時の印象を生かした狙い方をしましょう。

 

目次

【アジサイの撮り方①】立体感や奥行きのある写真を撮るテクニック
【アジサイの撮り方②】梅雨らしさを演出した撮影テクニック
【アジサイの撮り方③】ボケ描写を生かしていろいろな変化を楽しもう!

 

【アジサイの撮り方①】立体感や奥行きのある写真を撮るテクニック


固まって咲くアジサイを俯瞰気味にただ撮っただけでは、梅雨時の印象や花の立体感、色彩など、全てがイマイチに……。どのようにすれば、アジサイのステキな写真が撮れるのでしょうか。
初心者の方でも、ひと味違うアジサイの写真が撮れるコツ3つをご紹介いたします。

詳しくはコチラ→https://capa.getnavi.jp/special/251796/

 

【アジサイの撮り方②】梅雨らしさを演出した撮影テクニック


アジサイは梅雨に咲く花なので、写真の中にその季節感を盛り込みたいものです。
例えば、ホワイトバランスの設定による青みを加えるテクニックのほかにも、光の選択であったり、雨そのものを画面に写し込んだりする方法などで、梅雨らしさを演出することができます。

詳しくはコチラ→https://capa.getnavi.jp/special/251854/

 

【アジサイの撮り方③】ボケ描写を生かしていろいろな変化を楽しもう!


アジサイはボケが作りにくいのは、ひと株から花が平面的に咲くためです。しかし、斜めから奥行きを出す撮り方をしたり、平面的に狙う場合でも多重露光を使えばボケを取り入れることができます。クローズアップであれば、同じ株の中でも花と花同士に距離があるので容易にぼかすことができます。
いろいろ工夫することでバリエーションを増やしてみましょう。

詳しくはコチラ→https://capa.getnavi.jp/special/251871/