特集

【CP+2018/ベンキュー】新登場の24型カラーマネージメント液晶ディスプレイ「SW240」が初お披露目

2017年末に登場した4K対応の27型カラーマネージメントディスプレイ「SW271」についてインタビュー取材した際に予告されていた24型のカラーマネージメントディスプレイ「SW240」がCP+の会場で初登場。

 

注目の新製品「SW240」は、手頃なサイズと価格が魅力の24型カラーマネージメントディスプレイ。遮光フードは別売で4Kモニターではないものの、Adobe RGB 99%カバー、ハードウェアキャリブレーション対応。2018年3月24日発売予定。オープン価格で、実売は6万円前後の見込み。

 

ホットキーパックではなくカラーモード専用のホットキーを搭載する。Adobe RGB/sRGB/モノクロモードを切り替えたり、好みに合わせて設定をカスタマイズすることができる。

 

ブース内には来場者の志向に合わせて、写真家向けSWシリーズとデザイナー向けPDシリーズをメインに展示し紹介。遮光フード付きのモニターがズラリと並んでいる。

 

写真家向けSWシリーズ。左から4K対応のカラーマネージメントディスプレイで32型の「SW320」と27型の「SW271」、そして新登場の24型「SW240」。いずれも縦に回転させて表示することができる。「SW240」の登場で、価格やサイズの選択肢が広がった。

 

参考出品されていたのは27型の画像編集向けディスプレイ「PV270」(写真左側)。色評価用の光源下で見たプリント(写真右側)と遜色のない表示をする高性能モニターだ。国内での発売時期や価格は未定。

 

ブース脇では、「What makes you smile!〜あなたを笑顔にするもの〜」をテーマに2018年1〜2月に募集したフォトコンテストの入賞作品を展示する。

 

ブースの両サイドでベンキューのカタログをもらえるぞ!

 

〈写真・文〉柴田 誠