特集

【CP+2018/バンガード】トランスフォームするカメラバッグ「ALTA ACCESS」3サイズで新登場!

バンガードブースのイチ押し商品は、好評だったヘラルダーの後継シリーズとして登場するカメラバッグ「ALTA ACCESS(アルタ アクセス)」。CP+2018で初お披露目となるだけでなく、2018年3月2日から発売が開始される、まさにホットなニューアイテム。もちろん雲台やキャリーバッグにも注目だ。

 

「ALTA ACCESS」の機能を解説してくれた、各種カメラバッグを手掛けているデザイナーの澤田さん。従来品ヘラルダーの機能を損なうことなく進化させたバッグになっていることを熱く語ってくれた。

 

通常はメッセンジャーバッグやショルダーバッグとして使用でき、バッグの揺れを防ぐ補助ベルトも備える。さらにショルダーストラップをバッグのハンドル部に装着することで、バックパックスタイルにも変化する仕様。構造的に無理のない設計になっており、純正ストラップの使い方アレンジで変化できるように開発したそうだ。

 

取り外し可能な大型のサイドポーチを装備。またフラップを開けることなく中の機材を取り出せるように、上部に開口部を備えたクイックアクセスシステムを採用している。

 

二重構造のフラップをめくり上げるとIDホルダーが備えられている。その下にはPRESSパッチが装着可能なベロクロ、上部には隠しポケットが1つレイアウトされている。デザインだけでなく用途に合わせて変化させられるカメラバッグだ。ALTA ACCESS 28X / 33X / 38Xの3サイズで、価格は順に14,500円 / 16,500円 / 18,500円(いずれも税別)。

 

車輪付きトローリーバッグの「ALTA FLY」シリーズにも2種が追加された。いずれも収納タイプのショルダーストラップを装備する。ワンハンドルのスリムタイプ「ALTA FLY 55T」(税別 35,500円)、ドローン収納を意識した「ALTA FLY 55T」(税別 37,500円)。

 

ブースでは、CP+2018出展を記念して「ALTA ACCESS Touch&Goキャンペーン」を開催中。新製品の「ALTA ACCESS」28X / 33X / 38Xのいずれかに自身のカメラを入れてSNSに投稿すると、毎日抽選で3名に「ALTA ACCESS」がプレゼントされる。また、「ALTA ACCESS」の発売を記念した「アルタコレクション 雲台プレゼントキャンペーン」も2018年4月30日まで実施中。

 

nn〈写真・文〉柴田 誠