機材レポート

プロ写真家が「Galaxy S22 Ultra」で撮ってみた! 夜の撮影力がとにかくズバ抜けている

ドラマチックな夜の光を描く! Galaxy S22 Ultra ×上田晃司

デジタルカメラを超えた画質と操作性を追求した「Galaxy S22 Ultra」が登場。4つのカメラを搭載し、夜景も手持ちできれいに撮影できる。進化したスマートフォンのカメラ性能を夜の街で体感した。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
ファントムブラック
Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
バーガンディ

Galaxy S22 Ultra

183,744円 (docomo・一括払い)
178,820円 (au・一括払い)

■SPEC
CPU 2.99GHz、2.4GHz、1.7GHz オクタコア
ディスプレイ 約6.8インチ 有機EL (Quad HD +)
メモリ ROM容量 256GB、RAM容量 12GB
カメラ
広角カメラ : 108MP (1/1.3インチ)
超広角カメラ : 12MP (1/2.5インチ)
望遠 (3倍光学ズーム) : 10MP (1/3.5インチ)
望遠 (10倍光学ズーム) : 10MP (1/3.5インチ)
インカメラ : 40MP (1/2.8インチ)
OS Android 12
バッテリー容量 5000mAh
サイズ 約 幅78×高さ163×厚さ8.9mm
質量 約229g

→ 詳しい情報を見る

写真画質に磨きをかけ、夜景が手持ちで撮影できる

多くの人が最も写真を撮っているカメラはスマートフォンだろう。筆者も家族写真やペット、SNSに掲載する写真の多くを撮影している。ここでは写真画質がさらに進化した「Galaxy S22 Ultra」を紹介しよう。さまざまなシーンで好結果を残してくれるが、スマートフォンが弱いとされる夜景撮影も難なくこなせる。今回は夜景と夜のポートレートに注目したい。

ココがPoint ① ナイトモードで夜の撮影がカンタン

Galaxy S22 Ultra」には、誰でも簡単に美しい夜景が撮影できるナイトモードが搭載されている。手持ちでも撮影できるのでとても便利なモードだ。通常では白トビしそうなシーンでも、ハイライトからシャドーまでしっかりと表現してくれる。

■きれいな夜景が手持ちで撮影できる

ナイトモードはカメラアプリの [その他] から [ナイト] を選択するとすぐに使用できる。シャッタースピードは「自動」か「最大」かを選べるようになっており、手持ち撮影は自動、カメラを固定して撮影する場合は最大を選ぶと良い。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー

■ハイライトからシャドーまで階調豊かに再現

ナイトモードを使えば、三脚がなくても誰でも簡単に夜景撮影ができる。9ピクセルを1つにまとめてピクセルサイズを拡大しているため、ダイナミックレンジがとても広く、ハイライトからシャドーまでしっかりと表現できるのが魅力だ。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
Galaxy S22 Ultra 広角カメラ ナイトモード 絞りF1.8 1/3秒 ISO64 WB : オート

ココがPoint ② プロモードで光の軌跡を美しく描く

普段から一眼カメラで作品づくりをしているユーザーには、プロモードがオススメだ。細かなカメラ設定ができ、RAWデータの記録にも対応しているので、作品性を高めることができる。

■詳細なカメラ設定で作画にこだわる

プロモードは一眼カメラと同じように細かくカメラ設定ができる。シャッタースピードは30秒まで設定でき、WBも調整可能。さらにRAW (DNG) データの記録ができるので、作品づくりに適したモードだ。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー

■三脚とホルダーを使って夜の撮影を満喫

長秒露出により光跡を撮影する場合は、カメラを固定する必要がある。夜の撮影を楽しむなら小型の三脚とスマホホルダーを用意しよう。筆者はしっかりした金属製ホルダーを使用している。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー

■低速シャッターで光のラインを演出

アクアラインを通行する車を望遠カメラで撮影。プロモードにしてシャッタースピードを8秒に設定し、三脚を使用して撮影した。一般的なスマートフォンでは表現できない車の光跡を捉えることができた。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
Galaxy S22 Ultra 望遠カメラ (3倍光学ズーム) プロモード 絞りF2.4 8秒 ISO40 WB : 4000K

ココがPoint ③ ポートレートモードでボケを生かす

夜の人物撮影もとてもきれいだ。最初は半信半疑であったが、撮影してみて仕上がりの良さに驚かされた。ポートレートモードで撮影すると背景を自然にぼかせるので、より印象的な写真に仕上がる。また、LEDフラッシュの精度がよく、人物と背景をイメージどおりに撮影できる。

■雰囲気のいい背景ボケが人物を際立たせる

夜景ポートレートや暗がりのストリートポートレートもバリバリこなせる。ポートレートモードが優秀で、本来スマートフォンが苦手なボケ感を生かした表現が楽しめる。また、暗いシーンでは自動でLEDが発光して、背景とバランスのとれたきれいな夜景ポートレートに仕上がる。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
Galaxy S22 Ultra 広角カメラ ポートレートモード 絞りF1.8 1/33 秒 ISO400 WB : オート モデル : 浜名南帆 (ABP inc.)

ココがPoint ④ 4つのアウトカメラでダイナミックに捉える

■迫力のある超広角描写で都市夜景を印象的に

超広角カメラを使うと35mm判換算で13mm相当の画角になり、一眼カメラでもなかなか味わえないダイナミックな構図で撮影できる。ナイトモードと組み合わせると、遠近感を強調したビルの夜景が、驚くほどクリアに撮影できた。

Galaxy S22 Ultra 実写レビュー
Galaxy S22 Ultra 超広角カメラ ナイトモード 絞りF2.2 1/5 秒 ISO320 WB : オート

実感! シーンを選ばず手軽に美しい写真が撮れる

今回「Galaxy S22 Ultra」を使用してみて、シーンを選ばず、手軽に美しい写真が撮れることを実感した。特に夜景の画質がきれいで、手持ちで思いどおりに撮影できるので、夜の被写体を積極的に撮りたくなる。

→「Galaxy S22 Ultra」の詳しい情報はこちらをチェック!

フォトコンテストと撮影会を開催!

Galaxyユーザー限定 Best Shotコンテスト開催!

\夜の思い出の作品を大募集!/
Galaxy Membersアプリでフォトコンテストを実施。入賞作品はGalaxy Harajukuでの展示やCAPAカレンダー2023への掲載など、特典が満載!

募集期間
2022年6月20日 (月) ~7月31日 (日)

応募方法
Galaxy Membersアプリ「特典」よりご応募ください。

→ 応募要項はこちら!

「Galaxy S22 Ultra」を体験できるリアル撮影会を開催! Galaxy×CAPA モデル&夜景撮影会 in 神戸

\ナイトグラフィーで撮ろう/
スマホの進化を体感できるGalaxy特別イベントにご招待! プロカメラマンの撮影テクも知るチャンスです。

開催日 2022年7月16日 (土)
開催地 兵庫県神戸市内
講師 上田晃司先生、コムロミホ先生
募集人数 10名
募集期間 2022年6月20日 (月) ~7月6日 (水)

※応募者多数の場合は抽選になります。

→ お申し込みはこちらから!

 

〈協力〉Galaxy