機材レポート

憧れのライカが少し身近になった! 高コスパの大口径標準ズーム「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm」実写レビュー

ライカSLシリーズ用大口径標準ズームとして2本目となる「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」が登場。国内カメラメーカー純正レンズ並みの価格を実現し、あこがれのライカが身近になった。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー

バランスのいいサイズ感で軽快に撮影できる

これまでライカSLレンズの標準ズームは、「バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.」のみ。使いやすい焦点距離と優れた描写力を持つものの、大柄で重さも1Kgを超えるヘビー級。そこへ2本目の標準ズームとして加わったのがこのレンズだ。

望遠側はやや短いものの、他社でもおなじみの焦点域で、フルサイズ対応のF2.8ズームとしてはコンパクト。重さは約856gと決して軽いとは言えないが、「ライカ SL2」に装着するとバランスが良く、軽快に持ち歩ける。ズームリングもピントリングも幅が広くて扱いやすく、ズームリングは適度なトルクで自重落下もしない。

光を生かしてドラマチックにスナップ

塀に映る影、木、手前の植物、そして歩く人物のバランスを瞬時に構成してシャッターを切った。「ライカ SL2」との組み合わせは、十分軽快に街を撮り歩ける。AFも速く、スナップでは全く不満は感じなかった。とても扱いやすいレンズだ。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー
ライカ SL2 バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH. 絞り優先オート F5.6 1/200秒 +0.3補正 ISO400 WB : オート

取り回しが楽なコンパクトサイズ

ライカSLレンズは描写力を追求しているため、大柄で重いモデルが目立つ。しかしこのレンズは全長約123mmで重さは約856g。フルサイズ対応の大口径ズームとしては取り回しがラクだ。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー

重量バランスがよく質感も高い

70mm側でフードを装着した状態。ズーミングしても鏡筒が極端に伸びず、重量バランスはほぼ一定だ。フードは金属製で質感が高い。ロックボタンなどはないが、カチッと固定される。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー

ライカならではの高い描写性能

描写力も素晴らしい。ズーム全域で、絞り開放から画面中央部は驚くほど解像力が高い。周辺部はわずかに解像力が落ちるが、それは「ライカ SL2」の4700万画素を拡大して感じる程度。1段絞るだけでほぼ均一の描写になる。逆光にも強く、強い光が入ってもフレアやゴーストは出にくい。厳しい光線状態でもクリアな写りだ。

4000万画素オーバーの解像感でリアルに捉える

ビルの窓枠が実にシャープに再現されている。細かい部分も解像し、キレ味鋭い写りだ。また画面周辺でも中心部と変わらず、描写に安定感がある。4000万画素を超える画素数を持つカメラでも、安心して高解像力が生かせる。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー
ライカ SL2 バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH. 絞り優先オート F8 1/100 秒 ISO100 WB : オート

シャープさと自然なボケ味が街の雰囲気を描き出す

70mm側、絞り開放で撮影。ピントを合わせた電球の傘はとてもシャープだ。ボケ味も良好。見たままの街の雰囲気を捉えている。ハイライトのボケも自然。ズーム全域で絞り開放から高い描写性能を発揮するのがライカらしい。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー
ライカ SL2 バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH. 絞り優先オート F2.8 1/250 秒 ISO100 WB : オート

クローズアップ撮影も楽しめる

特筆すべきは、最短撮影距離が短いこと。70mm側で38cm、24mm側はわずか18cmだ。近接撮影に強いと、それだけ表現の幅が広がる。

さらに価格は、他社の純正同クラスレンズ並みだ。ライカといえば高価というイメージが強いが、このレンズは身近に感じられるのが嬉しい。高いクオリティのLマウントレンズなので、ライカSLシリーズはもちろんのこと、LUMIX SシリーズやSIGMA fpシリーズのボディでも楽しめる。

バラの花にグッと近づき印象的にクローズアップ

花壇に咲いていた白いバラに、24mm側で近付く。最短撮影距離18cmは、被写体がレンズ先端に当たるのではと気を遣うほど接近できる。やや絞って周囲の街の様子も感じられる写真にした。表現力豊かなレンズだ。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー
ライカ SL2 バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH. 絞り優先オート F8 1/250秒 ISO100 WB : オート

フォーカシングレンズ1枚で素早くピント合わせ

レンズ構成は15群19枚。非球面レンズを3枚使用し、高い描写性能を誇る。そのうち1枚はフォーカシングレンズ。ピントを合わせる駆動レンズが少ないため、AFはスピーディーだ。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー

ライカSLシリーズ初のレンズセットが登場

ライカSL2シリーズを初めて購入するユーザーに向けた、お買い得な「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」とのセットも発売。このセットからSLシステム導入を検討してみよう。

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー
左 : ライカSL2-Sセット 935,000円 (税込)
右 : ライカSL2セット 1,155,000円 (税込)

ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.

ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8/24-70mm ASPH. 実写レビュー

発売日 2021年5月22日
価格 352,000円(税込)

マウント ライカLマウント
レンズ構成 15群19枚
最短撮影距離 24mm時 0.18m、70mm時 0.38m
最大撮影倍率 24mm時 1:2.9、70mm時 1:4.5
フィルター径 φ82mm
絞り羽根 11枚
最大径×長さ 約φ88×123mm
質量 約856g