機材レポート

【CAPA本誌連動企画】ニコンZレンズ大三元の広角&望遠ズームをチェック! 伊達淳一のレンズパラダイス Other Shots 2021年1月号

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

伊達淳一カメラマンがさまざまなレンズを使い倒しレビューする『CAPA』本誌人気連載の「レンズパラダイス」。2021年1月号の「レンズパラダイス」Other Shotsは、ニコンZマウント用の大三元広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」と望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」の2本をピックアップ。汎用性の高い新型の大口径ズームレンズは、Fマウント用のズームレンズの描写力を超えたのか、アナザーカットを紹介しよう。

ニコン NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

スペック
[大きさ] 最大径88.5×全長124.5mm [重さ] 約650g [レンズ構成] 11群16枚 [最短撮影距離] 0.28m [最大撮影倍率] 0.13倍 (24mm時) [絞り羽根枚数] 9枚 [フィルター径] 112mm (バヨネットフードHB-97使用時のみ装着可能)

参考価格 約316,800円 (税込)

 

後ボケは穏やかで、前ボケはドーナツ状

通常なら被写界深度を確保するため絞り込んで撮影するシーンだが、ピント面前後の微ボケをチェックするため、敢えて絞り開放で撮影。後ボケは穏やかだが、前ボケは草の反射がドーナツボケになっている。ただ、周辺が流れたり乱れたような不快な解像になっていないのは好感が持てる。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F2.8  1/2500秒 -0.7補正 ISO100 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

エッジ際立つ高い解像力

群馬県富岡市の丹生湖のひまわり畑。フォトジェニックな雲が出ていたので、14mmならではの広い画角を生かし、パンフォーカス的に撮影してみた。右下の一番手前のひまわりはわずかに被写界深度外だが、それ以外は、周辺までピクセル等倍でもエッジ立つほどシャープな描写だ。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F11 1/2500秒 -0.3補正 ISO100 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

周辺部の微ボケも癖がない

東京都日野市の高幡不動尊のお地蔵様。F11以上に絞り込めば光条が伸びてくる。ただ、レンズに責任はないが、光が強すぎるとセンサーのカラーフィルターの反射が出て、光源の周りに赤や緑の水玉模様が出やすいので注意。周辺の微ボケも癖がなく、緩やかに解像が落ちていく感じだ。デジタル補正はかかっていると思われるが、歪曲収差も感じない。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F13 1/15秒 ISO800 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

周辺部まで高いワイド端の解像性能

信州・白駒の池。周辺まで解像性能が極めて高いので、周辺画質を向上させる目的で必要以上に絞る必要はなし。周辺の解像の乱れが少ない分、被写界深度も深く感じるほど。また、14mmの画角に慣れてしまうと、もはや16mmスタートの超広角ズームではモノ足りなくなってしまう。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F10 1/20秒 -0.7補正 ISO320 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

逆光性能も高く、周辺部までクリアな描写

少し木の葉っぱで太陽光を弱めているとはいえ、かなり強めの逆光シーンだ。それでもゴーストやフレアはほとんど生じず、シャドー部の黒浮きもなし。非常にコントラストが高くクリアな描写で、周辺画質の高さにも惚れ惚れする。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F10 1/60秒 ISO80 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

紅葉回廊のライトアップを前ボケを抑えて撮影

河口湖の紅葉回廊のライトアップ。まだ残照が残る時間帯に富士山とのコラボを狙ってみた。手前の紅葉はかなり近く、富士山も被写界深度内に収めるにはもっと絞り込む必要があるが、風で紅葉が揺れるので感度とシャッタースピードを考慮し、F5.6で撮影。前ボケの微ボケはうるさくなりがちなので、手前重視のピント位置で撮影した。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F5.6 1/13秒 -0.7補正 ISO640 WB : 自然光オート 15mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

コマフレアが抑えられ星景写真にも使える

ワイド端絞り開放の点像性能を星空でチェック。日周運動で星がわずかに動いて点像が少し伸びているが、四隅までコマフレアはよく抑えられていて、星景撮影でも安心して絞り開放で撮影できる。また、画面中央の建物の外照灯がかなりの露出オーバー気味になっているが、ゴーストは皆無だ。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F2.8 10秒 -1補正 ISO1600 WB : オート0 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

点像再現に優れ、夜景撮影にも絶大な威力を発揮

横浜大桟橋の夜景。右下に写っている手前のフェンスは被写界深度外で、少し二線ボケ傾向の前ボケになっているが、それ以外は絞り開放でも非常にシャープに解像していて、画面左端の氷川丸の電飾もしっかり点像を保っている。夜景や星景撮影に絶大な威力を発揮するレンズだ。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F2.8 1秒 -1補正 ISO64 WB : 電球 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

滲みがなく、ボケの色づきもまったく感じない

山中湖湖畔で日向ぼっこをしていた白鳥が、餌をくれるかもと近寄ってきたところを、チルトモニターを生かしてローポジションで撮影。あと数歩でレンズをつつかれるほど近距離での絞り開放撮影だが、ピントを合わせた白鳥の瞳は滲みもなくシャープで、軸上色収差によるボケの色づきも感じない。実にクリアな描写だ。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II シャッター優先オート 1/6400秒 F2.8 -0.7補正 ISO140 WB : 自然光オート 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

ゴーストの発生も抑えられ、ダイナミックな写真に

新宿御苑のカエデの内側から仰角で撮影。14mmならではの強いパースペクティブで、外側から見たのでは想像も付かないほど、枝のシルエットが複雑に絡み合って非常にフォトジェニックな写真に仕上げることができた。画面のほぼ中央に太陽を入れているが、同心円状のゴーストも発生していない。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F16 1/100秒 +1補正 ISO200 WB : 晴天 14mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

テレ端の開放描写も秀逸

14mmのワイドな画角が楽しすぎて、どうしてもワイド端での撮影ばかりになってしまうが、テレ側の開放描写も秀逸。近接撮影ではごくわずかな滲みを感じるが、その分、微ボケは穏やかで、超広角ズームとは思えないほど自然なボケ味だ。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例
ニコン Z 7II 絞り優先オート F2.8 1/1600秒 +1補正 ISO160 WB : 晴天 24mm域
 
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 作例 (部分拡大)
部分拡大
 

 

 

  1. 1
  2. 2
全文表示