機材レポート

シャープな描写とクリアなボケが気持ちいい!「SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art」でポートレートを実写

シグマからミラーレス時代に相応しい85mmが登場した。カメラの歪曲収差補正を活用することで、高画質化とコンパクト化を両立。ミラーレスの軽快さが生かせる小さな85mmF1.4だ。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art

 

ひとつの補正をカメラに任せ高画質&ダウンサイズを実現

ここ数年、レンズは高性能を求めるばかりに巨大化の一途をたどっていた。シグマはその先鋒でもあったわけだが、今回の85mmはその戦略を大転換。画像処理として補える歪曲収差と周辺光量低下はカメラに任せ、そのほかの収差補正とコンパクト化をコンセプトとして作り上げることに専念した。その結果、驚愕の85mmが誕生した。

シャープな描写とクリアなボケが気持ちいい

近距離で撮影。ボケはニジミを伴わない優等生タイプで、とにかく軸上色収差補正が徹底されているのが特徴。ピント面の解像感と切れ上がりが高く、絞り開放でのシャープさ、そこから溶け込むクリアなボケ描写が楽しめる。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art 作例
ソニー α7R IV シグマ 85mm F1.4 DG DN | Art 絞り優先オート F1.4 1/800秒 +1.3 補正 ISO100 WB : オート
 

85mmで見たことのないユニークなレンズ構成

歪曲収差をカメラに委ねたことで、大口径ながらガウスタイプから離れたユニークな構成。目を引くのは前群のSLDガラスを含む複数枚の凸レンズ。細かく分け、ゆっくり曲げることで色収差に対応しているようだ。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art
 

エポックメイキングな85mmの登場

見どころはコンパクトさはもちろん、色収差、解像感などの基本性能の高さ。周辺画質はF1.4としては傑出し、口径食は少なく、サジタルコマフレアも小さく、F1.8で消えてしまうほど。歪曲収差を割り切ると、ここまでできるというエポックメイキングなレンズに相違ない。ちなみに補正オフだとかなりの糸巻き型なので、補正オンにすることを忘れないようにしたい。

カメラの歪曲補正をオンにして高画質に描く

引き気味に撮影。床の前後ボケはナチュラルでクセのない印象。「α7R IV」によるAF駆動は、純正レンズと変わらない滑らかさで、MFの感触も上質。カメラの初期設定は、周辺光量補正はオートだが、歪曲補正は「切」になっているので注意。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art 作例
ソニー α7R IV シグマ 85mm F1.4 DG DN | Art 絞り優先オート F1.4 1/1250 秒 +0.7 補正 ISO100 WB : オート
 

コンパクトで高画質

同じEマウント用の「ソニー FE 85mm F1.4 GM」と比較。シグマはひとまわりコンパクト。重さは実測でシグマ627g、ソニー820g。ただし、前玉径はシグマが1mmほど大きい。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art、ソニー FE 85mm F1.4 GM
左がソニー85mm、右がシグマ85mm。
 

充実した操作系が快適な撮影をサポート

コンパクトながら操作系は賑やか。AFLボタンのほか、絞りリング、絞りリングのクリックの有無を選べるデクリック機能、反対側には絞りリングロックスイッチも備える。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art

 

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art 主な仕様

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art

発売日 2020年8月27日
希望小売価格 120,000円 (税別)

マウント Lマウント、ソニーEマウント
焦点距離 85mm
開放絞り F1.4
最小絞り F16
レンズ構成 11群15枚
画角 (35mm) 28.6°
絞り羽根枚数 11枚 (円形絞り)
最短撮影距離 85cm
最大撮影倍率 1:8.4
フィルター径 φ77mm
サイズ (最大径×長さ) Lマウント φ82.8×94.1mm、Eマウント φ82.8×96.1mm
質量 Lマウント 630g、Eマウント 625g
付属品 ケース、ロック付フード LH828-02

 

 

〈写真・解説〉増田賢一