機材レポート

画質はもちろん音も上々!「LUMIX G100」の動画力と写真力を実写チェック

LUMIX Gシリーズの新モデル「LUMIX G100」はVlogger (ブイロガー) のために進化。動画機能をコンパクトボディに凝縮させ、オプションのトライポッドグリップで操作性も追求。さらに20メガの高精細写真まで楽しめる。

LUMIX G100

動画から本格的な写真まで幅広い映像表現が楽しめる

スマホやコンデジよりもキレイな写真を残したいという要望に加え、高画質動画のニーズが急速に広まっている今、旅の記録やSNS、YouTubeなどの用途に、一眼画質の動画が気軽に撮れるモデルとして「LUMIX G100」が登場した。自撮りや動画撮影に使えるトライポッドグリップを付属したセットモデル「Vキット」も用意されている。

LUMIX G100

このトライポッドグリップはかなり便利で、超小型三脚としてはもちろん、自撮りのためのシャッター/録画ボタンまで付いていて、旅や日常の記録に便利に使うことができる。

スマホへの画像、動画の転送はほぼツータッチで終わり、スマホが浸透した今こそ使いたいカメラである。

 

トライポッドグリップで自撮りがカンタン

グリップは超小型三脚としても活用できるうえ、自撮りの際のシャッター/録画開始ボタンも付いているのが便利。一眼はタッチでもスマホより自撮りが難しかったが、これは持ってみるとなるほどと思ってしまう。

LUMIX G100

 

シャッター/録画ボタンを装備

自撮りは今までカメラを持って画面にタッチするなど両手が必要だったが、トライポッドグリップのシャッター/録画ボタンのおかげで、片手で持ちつつ自撮りが可能になった。

LUMIX G100

 

グリップが超小型三脚に変身

高さとしては物足りないが、ベンチやテーブルに置いてローアングルで撮影するなど工夫すれば三脚として充分使える。安定感もあり、小型カメラの身軽さを損なわない。

LUMIX G100

 

動画自撮りモードで実際に撮ってみた!

 

スロー&クイック動画が手軽に楽しめる

4K動画はもちろん、スローやハイスピード動画を簡単に撮影できるスロー&クイックモードや内蔵マイクへのこだわりなど、ワンランク上の機能を手軽にというコンセプトが見てとれる。

 

飛び上がる瞬間をスローでキャッチ

通りに人が少なかったので、スロー機能を使って飛び上がる瞬間を撮影。ほかにもクイック動画で通りを歩いて撮影すると、早送りで街を流し見ているようで面白い表現になった。

 

S&Qモードを素早くセット

ダイヤルを合わせてタッチ操作するだけでスロー動画もハイスピード動画も手軽に撮れる。アイデア次第でさまざまな表現が可能になるだろう。

LUMIX G100

 

SNSをイメージしたフレーム表示に対応

SNSはそれぞれ見やすいアスペクト比が違う場合が多いのだが、この機能を活用すれば自分の利用しているSNSに適した構図の写真が撮影しやすくなる。

LUMIX G100
SNSアスペクト4種類を含む10種類のフレームアスペクトに対応。フレーム色の設定、フレーム外の透過率も設定できる。

 

トラッキング対応の高性能内蔵マイクで音声もしっかり収録

内蔵マイクは指向性や方向を自在に設定でき、後ろからのナレーションや、自撮り時などは顔と音声の認識にリンクして撮りたい方向の音をしっかり録れる。ただし風切り設定を「強」にしてしまうと、突然音質が変わってしまうのが惜しい。

LUMIX G100

LUMIX G100

 

内蔵マイクの「風音キャンセラー」を試してみた!

 

 

  1. 1
  2. 2
全文表示