機材レポート

キヤノン「RF70-200mm  F2.8L IS USM」実写レポート! 収納時の大幅な全長短縮と軽量化を実現した大口径望遠ズーム

登場から1年数か月が経過したEOS Rシステム。対応するRFレンズは現時点で10本発売されているが、なかでも今回紹介する「RF70-200mm  F2.8L IS USM」はかなり攻めた個性的なレンズとなっている。

キヤノン
RF70-200mm  F2.8L IS USM

参考価格(税込)/340,880円

SPEC
●レンズ構成/13群17枚
●最短撮影距離/0.7m
●最大撮影倍率/0.23倍
●フィルター径/77mm
●絞り羽根/9枚(円形絞り)
●大きさ/外径89.9×全長146mm
●質量/約1070グg

 

固定鏡筒タイプから脱却した新大三元

RF70-200mm  F2.8L IS USMは大三元の望遠域を担当するレンズだ。今まではいわゆる4群式ズームの系統である長めの固定鏡筒タイプが採用されていた。そんななか、本レンズはキヤノンが初めて鏡筒が伸びるタイプを採用。これによってワイド端収納時は大幅にコンパクトになり、前後キャップ込みで長さが約17cmに収まるようになった。

 

フォーカスでは2つのレンズ群をナノUSMでそれぞれ動かす電子式フローティング機構を採用し、高画質のまま全域70cmの最短撮影距離を達成。もちろん手ブレ補正機構も搭載し、効果は約5段となる。

 

バッグに収納しやすいコンパクトサイズ

固定鏡筒タイプから脱却した新大三元。固定鏡筒は堅牢性などの点でメリットも大きいが、いかんせん長く重い。伸縮による耐久性はEF100-400mmで実証、フィードバックもあったのだろう。ワイド端で一番コンパクトになり、前後キャップ込みで約17 cmと収納するのにありがたい大きさ。テレ端への伸びしろは約58mm。

左/200mm時 右/70mm時

 

ミラーレスの利点を生かした光学設計

ショートバックフォーカスを生かした光学設計を採用。絞り位置が前後するので本来は絞り値が変わるが、ワイド端では強制的に絞られ、全域でF2.8固定になっている。

 

被写体に合わせ3つのISモードを搭載

スイッチ類は、上からフォーカスリミッター、AF/MF切り替えスイッチ、ISスイッチ、ISのモードスイッチ。取り外し可能な三脚座が付属する。

 

PLフィルターが使いやすいフードを採用

フードはPLフィルターなどを操作しやすい窓付きで、先端最大径は約116mm。フードカラーは鏡筒と同じ白に変更されている。

 

滑らかにAF追従し列車を捉え続ける

サーボモードにして望遠端でヘッドライトにロックオンし、手持ちで追尾優先AF撮影。絞り開放時のピント面の解像は非常に高い。ボケは後ボケよりは前ボケが美しいタイプ。AF追従は滑らかかつ高速だ。手持ち撮影時のバランス変動は大きめ。

キヤノンEOS R RF70-200mm F2.8L IS USM 絞り優先オート F2.8 1/400秒 +0.7補正 ISO200 WB:オート

 

望遠から接写まで幅広い撮影が楽しめる

ワイド端でほぼ最短撮影距離による撮影。かなり寄れ、テレ端ではハガキの大きさが画面いっぱいに写せる。大きなレンズではあるが、本格的な望遠撮影から手元の撮影まで幅広く扱える。色収差はほぼ感じられず、ズーミングによるピント移動もほとんどない。

キヤノンEOS R RF70-200mm F2.8L IS USM 絞り優先オート F2.8 1/250秒 +0.3補正 ISO3200 WB:オート

 

※本レポートはベータ機を使用しています。

 

【ギャラリー】