機材レポート

6段の手ブレ補正で軽快に使える新標準ズーム! 富士フイルム「XF16-80mmF4 R OIS WR」実写レビュー

開放F4通しとすることで高い解像性能とコンパクトサイズを両立した富士フイルムの新標準ズーム「XF16-80mmF4 R OIS WR」が登場。6段分の強力な手ブレ補正機能を搭載し、軽快な撮影が楽しめるXF16-80mmの実力を紹介しよう。

 

オールマイティーに使える新世代スタンダードズーム

Xシリーズ用の新レンズ「XF16-80mmF4 R OIS WR」は、35mm判換算で24-122mm相当をカバーする5倍ズームレンズだ。XF18-135mmF3.5‐5.6もあるが、本レンズは広角側が16mmに広がり、より標準的に使いやすくなった。また、重量で約50g、全長は約10mmのサイズダウンがなされ、手にすると数値以上に携帯性が良い印象だ。

ズーム全域でF4通しとなり、絞りリングには数値も刻まれ、操作性は直感的で使いやすい。ボケの口径食も少なめで素直な描写。そして6段分の手ブレ補正がすごい。望遠80mmでもピタッと像が止まり、筆者の腕では80mmで1/8秒が100パーセント手ブレしなかった。最短撮影距離35cmまで寄れる近接能力もあり、とにかく抜け目のないオールマイティーなレンズだ。

 

スタイリッシュな外観デザイン

手持ち状態や三脚固定状態は自動で判別し最適な補正がされるため、手ブレ補正のON/OFFスイッチが省略されスッキリした見た目となった。

 

撮影シーンが広がるタフネス構造

X-H1やX-T3と同じく防塵・防滴・耐低温-10度Cに耐えるタフな構造。5倍のズーム比と相まって非常に多くのシーンで活躍するレンズとなりそうだ。

 

強力な手ブレ補正が撮影範囲をグッと広げる

夕日色に染まり始めた鳥居。手ブレ補正6段の効果は大きく、夜でもない限り手持ちで撮影できてしまう。ただし手ブレ補正が強いからと油断しているとメカシャッターの機構ブレを拾ってしまうことがあるので、基本的に電子先幕か電子シャッターに設定しておくといい。

富士フイルムX-T3 XF16-80mmF4 R OIS WR 絞り優先AE F5.6 1/30秒 -0.7補正ISO160 WB:5100K

 

高倍率ズームを超えたシャープな描写が魅力

スズメバチに執拗に攻撃されて羽が傷んだアカボシゴマダラ。80mmの最短撮影距離付近で撮影しているが、極めてシャープな描写に使っているのが高倍率ズームだということを忘れるほど。ボケもガチャガチャした印象がなく素直だ。

富士フイルムX-T3 XF16-80mmF4 R OIS WR 絞りF5.6 1/500秒 +0.7補正 ISO1000 WB:5100K

 

富士フイルム「XF16-80mmF4 R OIS WR」の主な仕様

希望小売価格/ 105,000円(税別)

SPEC
●レンズ構成/12群16枚
●最短撮影距離/0.35m
●最大撮影倍率/0.25倍
●絞り羽根/9枚(円形絞り)
●フィルター径/72mm
●大きさ/外径78.3×全長88.9mm
●質量/約440g