機材レポート

人物に食らいつく追尾AFがイイ!キヤノン EOS RP 深掘りレポ−ト④

キヤノンのフルサイズミラーレスカメラ2号機「EOS RP」が登場した。リーズナブルな小型軽量モデルの実力は? 前回の画質に続いて、今回はAF性能をチェックする。

 

EOS RP・RF35 MACRO IS STM レンズキット

キヤノン EOS RP 深掘りレポート
① 3つの大特徴とは? https://capa.getnavi.jp/report/295013/
② EOS R vs RP 大きさ比較! https://capa.getnavi.jp/report/295105/
③ 超高感度の画質チェック! https://capa.getnavi.jp/report/296148/
⑤ 操作性をチェック! https://capa.getnavi.jp/report/296742/
⑥ おすすめ交換レンズ https://capa.getnavi.jp/report/297260/

 

 

連写速度は低めだが人物に食らいつく追尾AFは好感触

連写速度性能は、ワンショットAFで最高約5コマ/秒、サーボAFで最高約4コマ/秒。サーボ使用時は若干遅く感じるが、エントリークラスと考えればまずまずといえるだろう。

デュアルピクセルCMOSによるAF対応エリアは「EOS R」と同等で、RFおよびEFレンズのほとんどで横約88%×縦約100%と広範囲をカバーする。その中で選択可能なAFフレームの選択ポジションは81×59=4779エリアで、画素数との兼ね合いもあって「EOS R」から若干少なくなっている。ただし、自動エリア選択時は13×11=143エリアとなり、これは「EOS R」と同じだ。

 
エントリークラスとしては十分過すぎるAF性能

また、新しいところではサーボAF使用時の瞳AFが対応可能に。「EOS R」でも登場時からは対応できていなかった点なので、これはうれしいスペックだ。実写で確認したが、食い付きと左右の切り替えはレスポンスが速く、首の角度を変えるとちょっとでも手前の目を選択し、そちらを優先して合わせに行ってくれる。

測距エリア内はF11光束対応と、F5.6にテレコン使用時など、相当厳しい条件でもAF対応できる。これも「EOS R」と同等。ほんの少しスペックダウンしているのはAFの低輝度限界で、EV−5となっている。

測距エリアでは、RPでは新たにスポット1点AFを搭載。一回り小さな測距点でピンポイントにAFを効かせたい場合には便利だ。「EOS R」にあったラージゾーンAF(縦・横)は非搭載となっている。

 

■横約88%×縦約100%の広~いAF-S測距エリアで自在に撮れる!

画面内を走って横切ってもらいながら撮影。設定はサーボAFで「顔+追尾優先AF」。4コマ/秒に落ちてしまうので、撮れるカット数が少なくてテンポ良くとはいかないが、ピントの追従性は申しぶんない。中央エリアに制限される一眼レフとは異なり、画面のほぼどこでもAFが効く安心感、構図を決める際の自由度は比較にならないほど高い。

キヤノン EOS RP 実写レポート4(撮影:増田賢一)

キヤノン EOS RP 実写レポート4

キヤノン EOS RP RF24-105mm F4L IS USM 絞り優先オート F4 1/800 秒 +1.3補正 ISO100 WB:オート

 

■サーボAF対応の進化した「瞳AF」でさらに捉えやすく!

絞りF1.4の条件でどこまで合うか試した。瞳AFはしつこいほど追従し、角度による左右の目の切り替えもスムーズ。ここまで深度が浅いと、目の中のどこが適切かという域で、前後のバラツキはあった。印象ではF2.8くらいで撮るぶんにはお任せでいけそうだ。

キヤノン EOS RP 実写レポート4(撮影:増田賢一)

キヤノン EOS RP EF85mm F1.4L IS USM 絞り優先オート F1.4 1/1250秒 +1.3補正 ISO100 WB:オート

 
動きのあるシーンで瞳にしっかり追従した
AF枠表示は、静止時には顔と瞳が白のカッコ枠で、AF駆動時は瞳部分のみに。ワンショット時は緑枠、サーボ時は青枠だ。首を振りながらの撮影では、見事に手前の瞳に合焦。

キヤノン EOS RP 実写レポート4

キヤノン EOS RP 実写レポート4

 

■スポット1点AFを追加したAF方式

測距エリアは、新たにスポット1点AFが加わった。「EOS R」で搭載されていたラージゾーンAFはなくなり、全部で6つのモードを搭載。顔認識では、さらに瞳AFのオン/オフが選べる。

キヤノン EOS RP 実写レポート4

 

■サーボAF時の連写はやや遅め

連写スペックは、ワンショットAF時が最高約5コマ/秒、サーボAFでは最高約4コマ/秒とダウン。サーボAF使用時の速度低下は、体感的には意外と大きく感じる。
 

 

 
〈写真・解説〉増田賢一 〈モデル〉斉藤明日美(シェリーズ・エンタテインメント)
 

 
※掲載写真はすべてベータ機(試作機)で撮影したものです。