機材レポート

50年以上前に数年間だけ販売された希少レンズが今でもクリアな描写だった

中村文夫の古レンズ温故知新「MINETAR TELEPHOTO 135mm F2.8」

今回紹介する「マイネタール テレフォト 135mm F2.8」が市場に出たのは1962年ごろ。マイネタールレンズの販売期間はわずか3年足らずなので、希少価値という意味でとても珍しい製品と言えるだろう。

MINETAR TELEPHOTO 135mm F2.8

トキナーレンズの先祖「マイネタール」 半世紀以上前のレンズだがしっかり撮れる

トキナーの創業は1950年。当時の社名は東京光器製作所で、新宿区西大久保で板ガラス研磨工場として産声を上げた。カメラ用交換レンズ市場参入は1960年。初期の製品は写真用品商社の「みなと商会」が販売したので、同社のブランドであるマイネッテから「マイネタール」と名付けられた。

そして、1965年に現在のCP+の前身である日本カメラショーに初参加。こんどはラッキー引伸機の藤本写真機製作所と組んだことから、「ラッキートキナー」というブランドになる。

ちなみに、トキナーは東京光器の社名にフォトキナを組み合わせたものだという。ブランドからラッキーが取れたのは1968年。1970年にブランドと社名の統一を図りトキナーに改称された。

※2011年にケンコーと合併して社名がケンコー・トキナーとなり、現在トキナーはブランド名として使用されている。

 
MINETAR TELEPHOTO 135mm F2.8

MINETARと書いてマイネタールと読む。レンズ構成は4群5枚、コーティングはマゼンタコートで絞りはプリセット式だ。発売当時の定価は14,500円だった。

 

 
MINETAR TELEPHOTO 135mm F2.8

マウントは交換式。Tマウントに似たねじ込み式だが、独自の規格なので他社との互換性はない。このレンズにはミノルタSRマウントが付いていたので、レイクォール製ミノルタMD→αE用アダプターを使用した。

 

 
MINETAR TELEPHOTO 135mm F2.8(撮影:中村文夫)

ボケ味にクセがあるが画面中央部の解像度は非常に高い。コーティングは単層なので逆光に弱いが、ハレ切りをしっかり行なえば50年以上前の製品とは思えないほどクリアな写真が撮れる。

ソニー α7R F4 1/320秒 +0.3補正 ISO100

 

 
〈文・写真〉中村文夫