岡田敦写真展「Yururi Island ユルリ島の野生馬」

岡田敦写真展「Yururi Island ユルリ島の野生馬」

一般人の無断上陸が禁止されている北海道根室半島沖のユルリ島は、「馬の楽園」と呼ばれている。かつて人間の生活を支えるために持ち込まれた馬たちが、島から人間が去り、野生馬となっても絶えることなく世代を重ねているのだ。根室市からの委託を受けた岡田敦さんは、2011年よりユルリ島の馬たちを記録し続け、2017年に第33回写真の町東川賞特別作家賞を受賞した。この作品の写真展は、本州では初めてとなる。

撮影開始時には12頭いたユルリ島の馬は、2017年には3頭にまで減ってしまった。やがて馬がいなくなれば、ユルリ島の植生も大きく変わってしまうだろうと岡田さんは危惧する。岡田さんの活動をきっかけに、ユルリ島について考える動きが道内で広まってきているそうだ。写真の力が人を動かし始めた。

初日の4月13日(金)には、自由参加のオープニングレセプションを開催。会期中にはギャラリートークなども予定している。

 

会 期 2018年4月13日(金)〜6月24日(日)
会 場 ESPACE KUU 空(エスパス クウ)
住 所 東京都豊島区西巣鴨3-20-1 大正大学 五号館1階
時 間 10:00〜19:00
休館日 会期中無休
料 金 無料
オープニングレセプション
[日時]2018年4月13日(金)18:30〜
問い合わせ 大正大学法人広報室(TEL 03-5394-3025)
http://taisho-kuu.tokyo/