フォトコンテスト

写真学生を対象にCAPA CAMERA WEBがオンライン写真展「夏を、味わう」を開催

オンライン写真展「夏を、味わう」とは

夏を、味わう〜食べる、飲む、楽しむ、感じる…夏の味わい方は、人それぞれ〜

コロナ禍の影響で、写真展の開催や、あるいは鑑賞が難しい状況が続きます。特に学生においては貴重な機会である「卒業制作展」も、大規模・長期間の開催を避ける、すべてオンラインへ移行する、あるいは中止となるなど、若手写真家の経験は著しく奪われています。

CAPA CAMERA WEB編集部員のなかにも、卒業制作展が中止に追い込まれ、悔しい思いをした経験を持つ者もいます。「自分の作品を展示できないことよりも、同時代を頑張ってきた仲間たちの集大成を見られないことが悔しかった」と彼女は話します。

写真学生たちが互いの写真を見せあい、また自らの成果を発表し、研鑽をする場所を用意できないか。写真・カメラ雑誌『CAPA』を母体に持ち、そのウェブ版として若者向け記事やニュースなども提供してきた「CAPA CAMERA WEB」として考えたのがオンライン写真展です。

応募作品は全点をVR空間上に設けたギャラリーに展示。VRゴーグルだけでなく、スマートフォンやPCからも閲覧が可能です。また、写真家などの選考員を迎え、特別賞を選出。それらの写真を含めたコンテンツを、月間330万PVを集めるウェブメディア「CAPA CAMERA WEB」にも掲載します。

全国の写真学校・写真学生に参加を呼びかけ、またコンテスト機能も取り入れることで、同時代を生き、次世代を担う写真学生たちの交流を図ります。

応募概要

特別賞 選考員

本オンライン写真展では、「選考を通過した作品だけを掲載」するのではなく、「応募いただいた全ての写真を掲載」いたします。
※但し、公序良俗への配慮や明確な犯罪行為といった観点から掲載を差し控える場合もあります。また選考や掲載に関する個別の問い合わせにはお答えしかねますので予めご了承ください。

ただ、せっかくであれば応募いただいた写真をプロフェッショナルや写真に対して熱量の高い方に講評していただくことで、新しい視点の獲得やより多くの人に見てもらえるきっかけを作ることができればと思い、今回は3名の選考員の方に応募いただいた作品のなかから特別賞を選出していただきます。

そして選出された作品については、10月末に開催を予定している「CAPA博2022(仮)」のイベント内にて表彰をさせていただきます。たくさんの応募をお待ちしています。

岩倉しおり プロフィール


香川県在住の写真家。うつろう季節の光をとらえたフィルム写真が反響を呼んでいる。地元、香川県で撮影した写真を中心にSNSで作品を発表する他、CDジャケットや書籍のカバー撮影、写真展の開催など幅広く活躍。2019年3月、初の写真集『さよならは青色』(KADOKAWA)を出版。



Twitter:https://twitter.com/Shiori1012
Instagram:https://www.instagram.com/iwakurashiori/

もろんのん プロフィール


フォトグラファー。人物、旅、商品を撮影。Instagramで10万超えフォロワー。YouTubeで8万チャンネル登録者数を突破。木村文乃2021年カレンダー撮影、「そうだ京都、行こう。」など。書籍にて「インスタグラム商品写真の撮り方ガイド(共著)」「SNS時代のフォトグラファーガイド本(共著)」「弘中綾香の純度100%(写真)」。



Twitter:https://twitter.com/moron_non
Instagram:https://www.instagram.com/moron_non/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCAREgs9I7YDdDSOJG7RR-5A

菅原隆治 プロフィール


1966年、東京都生まれ。88年より学習研究社発行のカメラ&写真情報誌『CAPA』編集に携わる。CAPA誌のほかカメラ関連ムックや書籍の編集、撮影セミナー・イベントを企画開催。1995年より風景写真雑誌『四季の写真』の編集を手がけ、2002年に編集長。2005年『CAPA』副編集長を経て2012年4月より現職。



作品応募フォーム

応募フォームはこちらから

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。