フォトコンテスト

東北の今、UR団地の今を伝える写真を募集「UR都市機構フォトコンテスト2021」

都市再生機構(UR都市機構)は、「UR都市機構フォトコンテスト2021」を開催する。東日本大震災からの復興支援の一環として、東北の「今」を伝える写真や、日本全国のUR団地に住まう人々の「今」を伝える写真を募集。入賞者には商品券を進呈する。

 

UR都市機構フォトコンテスト2021

テーマ
<東日本大震災からの復興>
●東北の復興を感じる場面 
●東北での生活がうかがえる場面

<UR賃貸住宅団地>
●四季折々のUR賃貸住宅団地の風景
●UR賃貸住宅団地に生活する人々の息づかいが感じられる場面
●UR賃貸住宅団地と周辺環境が形づくる風景

募集締切
2021年5月31日(月)※郵送の場合は消印有効


●大賞(2点)商品券10万円分
●優秀賞(6点程度)商品券5万円分
●入賞、キッズ・ジュニア賞(16点程度)商品券1万円分
※キッズ・ジュニア賞は、高校生までの応募者が対象。作品が2022年URカレンダーに採用された場合は、カレンダーを進呈。

応募資格
アマチュアに限る。

応募形態
●プリントの場合は2Lサイズ推奨、データの場合は1作品2MB以上5MB以下とする。可能な限り高画質で撮影すること。
●過度の画像加工をした作品不可。ただし、トリミング、自然な濃度や色味の調整などは可。

応募規定
●各応募方法につき1人4点まで応募可。
●応募者本人がすべての権利を有する未発表および発表予定のない作品に限る。
●応募作品の撮影時期不問。
●他コンテストとの二重応募不可。
●応募を撤回した場合も含め、応募作品の返却不可。

応募方法
<郵送>
必要事項を明記した応募用紙を1点につき1枚添付のうえ、下記応募先へ送付する。応募用紙はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー可。

<オンライン>
オフィシャルサイトの応募フォームに必要事項を入力のうえ、作品データを送信する。

<SNS>
InstagramにてUR都市機構公式アカウントをフォローし、指定のハッシュタグを付けて投稿する。アカウントが非公開の場合は対象外。

審査員
池邊このみ(ランドスケーププランナー)、大西みつぐ(写真家)、西田司(建築家)、ranran(Instagramクリエイター)、UR都市機構職員等

発表
入賞者へ直接通知するほか、2021年8月にオフィシャルサイトで発表。

主催
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)

応募先・問い合わせ
〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-24
「UR都市機構フォトコンテスト2021」事務局 
TEL 03-3644-0031 (10:00〜17:00 / 土・日・祝日を除く)

URL
https://www.ur-net.go.jp/aboutus/action/photocontest/2021/

 

 


※フォトコンテストの実施内容については主催者へお問い合わせください。

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとなります。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。