フォトコンテスト

賞金10万円、短歌をイメージした写真を募集する「第14回 秋艸道人賞・写真コンテスト」

新潟市の會津八一記念館では、「第14回 秋艸道人賞・写真コンテスト」を開催する。東洋美術史家/歌人/書家であった會津八一(1881年~1956年)の短歌をイメージした写真を募集。彼の雅号である秋艸道人の名を冠した最高賞には、賞金10万円を進呈する。

 

2020年「會津八一の歌を映す」第14回秋艸道人賞・写真コンテスト

テーマ
『會津八一 悠久の五十首』(旧版、改訂版)、『秋艸道人 會津八一 美の彷徨』に掲載されている短歌から1首を選び、その歌のイメージを写真で表現する。

募集期間
2020年11月3日(火)~14日(土)消印有効


●秋艸道人賞(1点)賞金10万円、「天つ乙女」像(宮田亮平 作)、賞状
●奨励賞(5点)賞金3万円、賞状
●入選(約20点)會津八一ゆかりの食品(清酒、漬け物、茶、銘菓のうちいずれか1品)、賞状

応募資格
プロ・アマチュア不問。

応募形態
●半切(356×432mm)の印画紙プリントに限る。
●台紙、額装、パネル貼り不要。

応募規定
●1人につき2首2作品まで(1首には1作品まで)応募可。
●応募者本人が撮影し、著作権を有する未発表作品に限る。
●他コンテストとの二重応募不可。
●応募作品の返却不可。

応募方法
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付のうえ、下記応募先へ書留にて送付または持参する。応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。

審査員
淺井愼平(写真家)、和泉久子(鶴見大学名誉教授)、若松保広(仏教美術写真家/奈良・飛鳥園専属)、野中浩俊(新潟市會津八一記念館館長/新潟大学名誉教授)、神林恒道(新潟市會津八一記念館名誉館長/大阪大学名誉教授)

発表
2020年12月中旬に入賞者へ直接通知。

備考
入賞作品は、會津八一記念館および全国で展示予定。

主催
公益財団法人 會津八一記念館

応募先・問い合わせ
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階
(公財)會津八一記念館「秋艸道人賞」事務局
TEL 025-282-7612/FAX 025-282-7614

URL
https://aizuyaichi.or.jp/category/photo/#post-2088

 

 


※フォトコンテストの実施内容については主催者へお問い合わせください。

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとなります。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。