フォトコンテスト

大賞賞金50万円!毎月の入選作は新聞紙面で発表「第22回朝日フォトコン2019」

群馬県朝日新聞グループ会とネッツトヨタ高崎は、「第22回朝日フォトコン2019」を開催する。3部門で作品を募集し、毎月入選作品を選出。入選作品から選出された入賞作品には賞金が進呈されるほか、2020年2月に開催予定の「朝日中高生フォトコン」との合同記念写真展で展示される。

 

第22回朝日フォトコン2019

部門テーマ
<第1部 風景花部門> 風景・花
<第2部 スナップ部門> 自由
<第3部 ビギナー部門> 自由

募集締切
2019年11月30日(土)


●大賞[朝日新聞社賞]賞金50万円
●特別賞[ネッツトヨタ高崎 社長賞]賞金10万円
●特別賞[福田健太郎賞]賞金5万円
●特別賞[若子jet賞]賞金5万円
●特別賞[小原玲賞]賞金5万円
●優秀賞[朝日新聞社 前橋総局長賞]賞金1万円
●優秀賞[年間最多入選賞]賞金1万円
●優秀賞[朝日新聞 群馬県朝日会会長賞]賞金1万円
●優秀賞[朝日ぐんま賞]賞金1万円
●優秀賞[全日本写真連盟 群馬県本部長賞]賞金1万円
●優秀賞[テレビ朝日 前橋支局長賞]賞金1万円
●優秀賞[日刊スポーツ新聞社賞]賞金1万円
●優秀賞[関東朝日広告社 群馬支店長賞]賞金1万円
●奨励賞[群馬県知事賞]賞金5千円
●奨励賞[群馬県教育長賞]賞金5千円
●奨励賞[群馬県観光物産国際協会理事長賞]賞金5千円
●奨励賞[プロフォトセンター賞]賞金5千円
●部門賞[風景・花部門賞]賞金5千円
●部門賞[スナップ部門賞]賞金5千円
●部門賞[ビギナー部門賞]賞金5千円
※第3部は部門賞のみ対象。

応募資格
●年齢、国籍不問。
●群馬県内在住、在勤、在学者に限る。

応募形態
●四つ切(ワイド可)までのプリントに限る。
●ラボプリント、自宅プリントいずれも可。
●銀塩(ネガ、ポジフィルム)、デジタルいずれも可。
●カラー、モノクロいずれも可。

応募規定
●1人何点でも応募可。
●3年以内に撮影し、撮影者が著作権を有する未発表作品に限る。
●他コンテストとの二重応募不可。
●選外作品、入選作品の返却可(要返送料)。入賞作品の返却不可。

応募方法
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付のうえ、下記応募先へ送付または持参する。応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー可。

応募料
第1部、第2部は作品1点につき350円。第3部は無料。郵送の場合は郵便小為替を同封、持参の場合は窓口で支払う。

審査員
福田健太郎(写真家、特別審査員)、若子jet(写真家、特別審査員)、小原玲(動物写真家、特別審査員)、大野明(朝日新聞社 映像報道部長)、横田衛(ネッツトヨタ高崎 代表取締役社長)、青山稔(ネッツトヨタ高崎 常務取締役)、岡本峰子(朝日新聞社 前橋総局長)、清水透(朝日新聞東京本社 販売局群馬担当)、塚越邦明(全日本写真連盟 県本部委員長)、川口充(日刊スポーツ新聞社販売局 販売2部参事)、森島龍(朝日学生新聞社 販売部次長)、中村信(群馬県朝日会 会長)、久保博満(テレビ朝日 前橋支局長)、渡邉亨(関東朝日広告社 群馬支店長)、齋藤民治(プロフォトセンター マネジャー)、井口文英(朝日ぐんま 代表取締役社長)、池田武(朝日ぐんま 室長)、中島美江子(朝日ぐんま 編集長)、谷桂朝日(フォトコン事務局長)、渡辺幹夫(顧問、東京写真記者協会 事務局長)

審査方法
<入選>
毎月の応募作品から選出。
<入賞>
年間の入選作品から選出。

発表
入選は朝日ぐんま紙上で発表。入賞は入賞者へ直接通知するほか、2020年1月に朝日ぐんま紙上で発表。

備考
「朝日フォトコン」と「朝日中高生フォトコン」の合同記念写真展を2020年2月に開催予定。

主催
群馬県朝日新聞グループ会、ネッツトヨタ高崎

郵送応募先・問い合わせ
〒371-0805 前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F 
朝日フォトコン事務局
TEL 027-221-1435(10:00~18:00/土・日・祝日を除く)

持参応募先
●県内の写真材料商組合加盟店
●プロフォトセンター営業所

URL
http://www.asahigunma.com/photocon.html
 

 


※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。