フォトコンテスト

オリンピックへ向かう“東京の今”の写真を募集「第46回 東京都写真展」

全日本写真連盟東京都本部と朝日新聞社は、「第46回 東京都写真展」を開催する。「東京の今」「東京の自然」の2部門で作品を募集し、2019年11月下旬(会場未定)に展示。入賞作品には賞金などを進呈する。

 

〈公募展〉第46回 東京都写真展

部門・テーマ
<東京の今>
2020年オリンピック・パラリンピック開催に向けて発展している街、インバウンドで賑わう繁華街など。
<東京の自然>
西野雲取山から南の小笠原村まで距離のある、自然あふれる東京をさまざまな視点で捉えた写真。

撮影場所
東京都内

募集締切
2019年9月10日(火)必着


●最優秀賞(1点)賞金3万円
●優秀賞(1点)賞金2万円
●朝日新聞賞(各部門1点)賞金1万円、副賞
●全日本写真連盟賞(各部門1点)
●東京都本部長賞(各部門1点)
●アサヒカメラ賞(各部門1点)
●特選(各部門5点)
●入選(各部門約30点)
●高校生以下賞(各部門1点)

応募資格
●東京都および近県に在住・在勤の一般写真愛好家。高校生以下も可。
●東京都および近県の本部に所属する全日本写真連盟会員。

応募形態
●四つ切(ワイド不可)またはA4サイズのプリントに限る。
●カラー、モノクロいずれも可。
●組写真不可。
●多重・合成・加工不可。

応募規定
●1人各部門5点まで応募可。
●2018年11月1日〜2019年9月10日に撮影した作品に限る。
●両部門への応募可。
●選外作品の返却可(要返却料)。

応募方法
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付のうえ、申込書を同封して下記応募先へ送付する。応募票、申込書はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。応募票はコピー、自作可。

応募料
一般2,000円、全日本写真連盟会員1,500円、高校生以下無料。郵便振替で別途送金する。

審査員
熊切大輔(写真家)

発表
2019年10月に入賞者へ直接通知する。

備考
●2019年11月下旬に作品展を開催(会場未定)。
●出展者は出展料1万2000円(展示作品制作費、諸経費)が必要。高校生以下は無料。

主催
全日本写真連盟東京都本部、朝日新聞社

応募先・問い合わせ
〒104-8011 朝日新聞東京本社内
全日本写真連盟東京都本部「第46回 東京都写真展」係
070-3600-9890(10:00~18:00/土・日・祝日を除く)

URL
http://www.tohonbu.com/contest/index.html#46tokyo
 

 


※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

 

 

フォトコンテストの掲載をご希望される方は、こちらからお送りください。